究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
筋肉を使った運動を行うと、次第に疲労物質である「乳酸」がたまっていきます。それが筋肉疲労の元になります。また、筋肉を動かすためのエネルギーを、体内の糖分や脂肪分から生成するだけではまかなうことができなくなってしまうと、筋肉は筋肉自体をアミノ酸の状態にまで分解してエネルギーを補給しようとしてしまいます。そうやって筋肉が壊されるのが筋肉痛の原因です。

 激しい運動で筋肉が疲労すると、筋肉が熱をもってその温度が上昇します。その状態がしばらく続くと、筋肉は炎症を起こし、むくみを持つに至ります。そのこと自体は、筋肉が傷ついた組織を回復させるために必要なプロレスであり、決して悪いことではありません。しかし、それがあまりにも激しい状態になると、その熱で周囲の細胞までもが痛んでしまい、結果として、筋肉疲労の回復の妨げになってしまうのです。

 そのために行われるのが筋肉のアイシングであり、野球で投球を終えたピッチャーなどが、まるで肩に鎧を着込んでいるかのようなアイシングを施されていますが、いかにプロのスポーツ選手が肉体を酷使しているのかを雄弁に物語っているシーンであると言えるでしょう。
スポンサーサイト

Silvio Samuel

筋トレのプロ中のプロの中のプロの2人が教える「ドーピングなしで筋肉生成ホルモンを出す」知られざる筋トレ方法です。

シルビオ・サミュエル1975年、ブラジル生まれのIFBBプロビルダーです。幼少期をナイジェリアで過ごしていましたが、14歳の時サッカーをしているところを、ナイジェリアのウェートリフティングのナショナルコーチに見いだされ、ナショナルチームに参加しました。

 

プロとしてIFBBの大会に出るようになったのは近年のことですが2006年くらいからの活躍はめざましく、2007年にはIRONMANコンテストで4位になり、また2008年のMr.OLYMPIAでは並みいる競合と肩を並べ7位入賞を果たしました。






square round  プロホルモン通販サイト

right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

 

2008/06/25(水) 16:16:46ボディービルダー
Trackback [x] |Comment [x]
このサイトではなるべく管理者が表に出ないよう、情報提供に徹するように心がけていますが、
最近とてもうれしい発見があったので、、、ちょっと記事を残しておきます。

言わずとしれた、プロホルモンの超ヒット作のペラプレックスですが、
発売中止になる目に、ストックを持つようにしまして、、、
最近また夏に向けてサイクルと始めました。

サイト管理もしているので、ペラに関する情報をできるだけアメリカサイトから仕入れていました。

そこで、ペラとスーパードロール(これはポストM1-Tのデザイナーズハイテクドラッグ)を
スタックするとかなり結果が出て、しかもサイクル時の
メンタルベースで単体でとるのと違ったいい効果があると書いてありました。

たとえば、ペラ単体だとメンタル的にアグレッシブになるけど、スタックすると
そうでもないとか、、、

あと、ペラの副作用の筋肉痙攣や頭痛が少ないとか、、、
実際私は、肝機能や他の副作用は実感・経験したことがなかったのですが、
頭痛や筋肉の痙攣はサイクルの最後3週目あたりでいつも経験し、
なるべくサイクルを2週間いないに納めるようにしていました。

そこで、アメリカフォーラム情報を元にペラとスーパードロールをスタックしてみました。

もちろんスタックすると副作用も倍!といった怖さはありましたが、
2週間を越えないサイクルにしようと決めていました。


結果、初めて3日目くらいからペラ単体と明らかな違いが

あの頭痛がくる!キンキンする感じやアグレッシブな感情におそわれる
予兆の用のモノが全くなくむしろ、、メローな感じ。

そんなメンタルなのに、ジムに向かうといつものウエイトを上回るウエートと
疲れを全く感じない、、といった実感でした。

もちろん、これは個人差もあるし、体調もあるので一概に言えませんが、
初めて一週間目ですがかなりいい感じです。












 一言に太ると言っても、それには「脂肪太り」と「水太り」と「筋肉太り」の3つがあります。

 ここで特に分かりにくいものが筋肉太りです。筋肉太りのほとんどは、昔スポーツなどを経験していて、筋肉太りと思われる部位にしっかりとした筋肉を纏っていた方に現れます。そして、その部位を触ると、筋肉のように硬いために、「筋肉太り」と形容されますが、しかし実際には、やはり太る原因は脂肪にあります。お腹などのように、表面に脂肪だけが乗るという形ではないために分かりにくいのですが、実はその筋肉の中に脂肪がたくさん存在しているのです。

 ですので、筋肉太りの対処法としては、普通に脂肪を燃やす運動をすれば問題ありません。スポーツなどを経験されていた方も、現役時代のように激しい運動をする必要はありません。また、運動などを控えて、筋肉を萎縮させてしまうという形は、たとえ数字上の体重がどれだけ落ちようとも論外です。筋肉が減ってしまうことにより、基礎代謝が低下し、今後その部位の脂肪を落とすことが格段に難しくなってしまいますし、筋肉を再びつけていく難しさに関しては言わずもがなです。
プリモボランはアナボリックステロイドの中では比較的女性化のような
副作用の少ないステロイドです。
外国や日本でも手にはいりやすく初心者には使いやすいステロイドとしても知られています。

エントリーレベル(初心者や年齢の低いユーザー)に適したステロイドとしても知られていて、
いわゆるスタックによく使われるステロイドです。

プリモボランは、それ自体では男性化として働くよりもアナボリック=蛋白同化作用=
筋肉を作り出すステロイドで、その為副作用が比較的少なく現れます。

また、その小さい副作用のため、ダイアナボルのようなアンドロゲニック作用の強い
(男性化傾向が強くでる、、、たとえば禿になったり、睾丸が縮んだり、、)
ステロイドと併用して使われます。

それは、ダイアナボルはアナボリック効果に即効性がありデカデュラポンや
プリモボランのような注射型のステロイドは脂溶性で体内に長く残って
アナボリック効果を発揮させるのが長期に及ぶからです。


テストステロンエナンセートはいわゆるエステル系のテストステロンです。

テストステロンはステロイドそのもの!と考えてもいいでしょう。
男性化ステロイドと同化ステロイドと分けていますが、、、
それ自体あまり意味のないことで、、、、
アナボリックステロイド自体男性化の作用や副作用は少なくとも必ずあるわけで
それは、つまり程度の差なのです。

ところで、テストステロンはそれだけ、男性化の傾向や筋肉同化の作用も強く、
摂取した量に比例して効果も副作用も多くでます。
プロの中には、一般的に一週間の量と言われている200mgを毎日
注射して一週間に1000mgを越える量を投与して最大の効果を発揮しようとする
ビルダーが結構いるようです。(アメリカ情報、、、、)

だから、アマチュアやプロのビルダーがこぞって利用しています。

ライトユーザー:デカデュラポン・プリモボラン
ヘビーユーザー:エステル系のテストステロン
といった図式ができているようです。

また、エナンセートは脂溶性の種類で、テストステロンをどう修飾するかで
体内にテストステロンを長く滞留できるかが異なってきます。
ちなみにこのエナンセートは一度の注射で2週間も継続して効果を
もたらすことができるようで、とても人気があります。


 パラボランはその効果について、ビルダーに特に評判jのいいステロイドです。

square round プロホルモン通販サイト 

アメリカのステロイド専門サイトや、ステロイドのヘビーユーザーのレビューを見ても
かなり評判がいいステロイドでよく言われるのは、、、パラボランのアナボリック効果は破壊的で
テストステロンの5倍のアナボリック効果があるということです。

パラボラン他のステロイドとの相性がよく、ウィンストールやテストステロン系の
ステロイドとスタックして、コンテスト用に使うユーザーが多いようです。

アンドロゲニック作用も非常にきついのですが、アロマタイズ、化学式が芳香化して
女性ホルモンに変化する心配がないので女性化系の副作用の心配はありません。
つまり、水分しぼうの貯留や女性か乳房にならないと言うことです。



right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

ハロテスチンは男性化傾向の本当に強いステロイドとしてカテゴライズされます。

アンドロゲニック効果の高いこのハロテスチンの一番の特徴はアロマ化、つまり
女性ホルモンに体内で代わることがないところです。

ハロテスチンを使うと、女性化の傾向がほとんど起こらないため、
いわゆる「ばきばきの」メリハリのある筋肉に仕上げることができます。

コンテストビルダーがコンテスト前に、筋肉のメリハリをつけステージで
すばらしいプレゼンテーションができることに一役買っています。

一方で、このハロテスチンアナボリック効果(筋肉を作る効果)はほとんどありません。
だから、ばきばきだけれども、バルキーな筋肉を作るのには適していないのです。
また、アンドロゲニック効果から、より男性的な攻撃的な性格が使用者に出てきて
攻撃的な性格になったりするのが副作用として指摘されています。


サスタノンはそれ自体では単なる呼称で、性質の違ったテストステロン(男性ホルモン)
のミックスのアナボリック・ステロイドです。

テストステロンをエステル化、油に溶解させて注射によって使うものを
エステル系のテストステロンと呼びます場、エステル系のテストステロンの特徴は
体内に滞在する期間が長く、長い間筋肉を作る指令を出し続けてくれます。

サスタノンは、異なった性質のエステル系のテストステロンをミックスすることで
なんと2ヶ月も間、体内に滞留することができ、一回の注射による接種で
長く効果を持続させることができるという便利な特性があります。

サスタノンは、「ステロイドそのもの」をそれ自体がミックスしているので
他のスタックした組み合わせのように、またはそれ以上に
副作用が出てくるケースが多いようです。

女性化(女性乳房化・水分貯留)や、過度の男性化などなど、、、、

十分気をつけて利用したいアナボリックステロイドですね。

テストステロンサスペンションは、ステロイドが初めて開発された
1940年代に登場した古いタイプのステロイドです。

古くは第二次世界大戦でドイツ軍が使ったというステロイドとしても知られています。

そして、テストステロンサスペンションといえば、水溶性のテストステロンとしてとても有名です。
水溶性であるがため、当然即効性があり、そのアナボリック効果も非常に強いステロイドです。

また、速く効果を発揮するステロイドは、その効果も強烈といわれ
ステロイドの中でも「最強」と絶賛するステロイドのヘビーユーザーがいます。

副作用は、その効果を比例して非常に強くサイクル中サイクル後はケアーが必要です。

 アナボリックエクストリーム社のエルゴマックス LMG
square round プロホルモン通販サイト 

成分はAX社のオリジナル成分=フェロボリックス 17-methyl-delta-2-4tioallocholane
この「エルゴマックスLMG」も、効果は同社のペラプレックスやスーパードロールと
同様に大変人気のある商品で、効果に関しては一様に
人気が高く、筋肉増強効果も高く副作用もミニマムです。

残念ながら、これも製造中止でペラやスーパードロールが未だ
流通しているにもかかわらずエルゴマックスは在庫も底をついているようです。

過去の商品と言えるでしょう。


right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

2008/06/12(木) 13:21:59プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
メチルテストステロンは極まれに、男性精力回復剤の中に含まれている場合があります。
そういった意味では、かなり一般に浸透したステロイドと呼ぶことができるでしょう。

ここで、筋肉増強サイトで紹介していますが、、、、あまり筋肉増強作用は期待できず
テストステロンの中では「経口剤」が少ないので注射器にかなり抵抗
ある人が気休めとしてとっている可能性があります。

メチル基は化学式の中にメチル基をつけることで口から摂取することができますが
肝臓の解毒作用でほとんど分解されて効力をなくしてしまいます。
デカデュラボリン、通称デカといわれる注射剤系のアナボリックステロイドです。

一般の人が思い浮かべる「ステロイド」のイメージ近いと思います。
しかし、その実ステロイドの中でも比較的マイルドでステロイドライトユーザー向けの
ステロイドです。注射に抵抗がある人は使いたがらないようです。

アナボリック効果はマイルドで、筋肉・筋力もつきますが、中級者
以上のユーザーは体内の窒素レベルつまりアナボリックしやすい体の状態を
保つベース作りのような役目でデカを使います。

また、デカはほとんど芳香化による(ホルモン変容 男性ホルモン=>女性ホルモン)副作用が
ないといわれています。そういった意味でもエントリーユーザーに使いやすいのかもしれません。

一方体に水がたまる=水分貯蔵がおきて、体が大きくなっても
サイクルが終わるとちっちゃくなるといった問題点があります。
いわゆるスタックといわれる、他のアナボリックとテロイドとの併用に向いているステロイドといわれ、
たとえばデカはアナボリック効果が身体に表れるのが遅いのですが、
ダイアナボルと併用することでサイクルの前半は即効性のあるダイアナボル、
後半はなだらかに効くデカデュラボリン、、、といったスタックはあまりに有名です。
アナドロールは、経口タイプでしかもアナボリック効果のとても強いステロイドとして
有名です。
経口(口から摂取できる)タイプのステロイドとしては
最高のアナボリック効果があるといわれています。
アンドロジェニック効果とともにアナボリック効果も強いステロイドです。

以前は赤血球を増やすこうかがるということで、貧血の薬として使われていました。

とてもポピュラーで強いアナボリック効果のある経口ステロイド、ダイアナボル
と同じような使われかたをしています。
注射タイプのデカデュラボリンのスタック(併用)やプリモボランのような、女性化の
危険の少ないステロイドとの相性がいいようです。

口から気軽に摂取できて、筋肉増強効果が速く現れる反面そのマイナス面も多くあります。

一般的にホルモンは、体内に受容体がありホルモンと合体することで活性を得て、
アナボリック効果のような効果を発揮することができます。
ところが、どんなに沢山、長期間ステロイドをとってもその受け皿になる受容体
が体内になくなると、アナボリック効果を得ることができません。

このアナドロールは受容体と合体する確率が他のステロイドと比べると低く、
より多くアナボリック効果を上げるには加速度的に、多くの量を摂取しなければなりません。

そして、そのことは肝機能に多くダメージを与えたり、ホルモンがバランスを崩し女性ホルモン化して
女性化の副作用を起こしたりします。





ダイアナボルと同じように強いアナボリック効果がありますが、アンドロジェン効果も強く
副作用では芳香化して、ニキビや女性乳房化が起きたりします。要注意です。
男性ホルモンDHT(デヒドロテストステロン)

square round プロホルモン通販サイト 
 
プロペシアは男性ホルモンが強い人に起こる脱毛・薄毛を
改善する薬として、ネット通販や至る所で販売されているし簡単に手に入れることができます。

元々は、前立腺肥大の治療薬として紹介された薬ですが今や禿げ予防や改善薬の
代名詞として使われるほど人気があります。

プロペシアの作用は、テストステロンがDHTに変換するのを防ぐことです。
テストステロンのようなアンドロゲニック作用の強い男性ホルモンは
女性ホルモンやこのDHTに変換されやすい不安定な物質だからです。

DHTはテストステロンの10倍の男性化効果があり、アナボリックステロイドの副作用の典型
脱毛、ニキビ吹き出物、前立腺肥大などのを引き起こします。

プロスカーはこのこうした副作用を改善する働きがあります。
特に禿げには劇的な改善があるという報告があり、多くの「薄毛・禿げ」で悩む
男性の福音になっているようです。

補足: 薄毛や抜け毛の犯人は男性ホルモン?

薄毛や抜け毛の男性でも、幼少期はほとんどの人が薄毛や抜け毛の症状が無かったはずです。

男性は体の成長にともなって、 盛んに男性ホルモンが作られ体毛が濃くなります。 男性ホルモンの濃度が高いほど脱毛が起こるのであれば、ほとんどの男性が抜け毛に悩んでしまうでしょう。  

男性ホルモンは、女性の体内でも分泌されていますが、女性の体内の男性ホルモンは分泌量が少ないので 、男性と比べると体毛は濃くなりません。

問題なのは男性ホルモン5aDHT(ジヒドロテストステロン) を強力な若ハゲ物質【5aデヒドロテストステロン】に変えてしまう5a-リダクターゼ(5aR)という 還元酵素のようです。

そして、【5aデヒドロテストステロン】)は毛乳頭や毛母細胞に決定的なダメージを与えて、脱毛を著しく促進します。【5aデヒドロ テストステロン】は、最も強力な脱毛原因の一つで、男性ホルモン(テストステロン)が皮脂腺でつくられた5aリダクターゼ(5aR)という還元酵素の反応 によってできた物質です。

このことから男性型脱毛症は男性ホルモン5aDHT(ジヒドロテストステロン) のみが作用して脱毛するのではなく、5a-リダクターゼ(5aR)という還元酵素と 毛根周辺にテストステロンのレセプターの存在が必要条件になっているのです。  

毎日のシャンプーを欠かさず、頭皮を清潔にし、頭皮に炎症などがなくても、 脱毛がとまらない場合があります。皮脂を分泌する皮脂腺もまた、男性ホルモンによって発達します。

皮脂には5a-リダクターゼ(5aR)という還元酵素が多く含まれています。 そのため、毛穴の周りに皮脂が多く集まれば、男性ホルモン5aDHT (ジヒドロテストステロンを強力な若ハゲ物質【5aデヒドロテストステロン】 に変化させやすくなるので脱毛が発症しやすくなると考えられますですが。

男性ホルモンの分泌量は、男性型脱毛症の要素の一つであって、 それが脱毛要因の全てを決定する主要因とは限らないのです。 つまり、親から薄毛や抜け毛が遺伝するのではなく、「脱毛になりやすい体質」が遺伝するだけなのです。



right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

 

2008/06/08(日) 23:12:55プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
ボディービルダーの大敵女性乳房化

square round プロホルモン通販サイト 
 
Bitch tits: 英語の俗語ではこんな言い方をして、ビルダーの間で忌み嫌われています。

ノルバデックスはエストロゲンの分泌を抑える薬です。
アナボリックステロイドサイクルで過剰に増えた体内の男性ホルモンバランスに対応するかたちで
女性ホルモンが上昇してきます。

ノルバデックスは女性ホルモン=エストロジェンをブロックする働きがあります。

アンドロゲニック効果の特に強いテストステロン、サスタノン等をサイクルに入れるなら
サイクル中にノルバを入れることで過剰なステロイドがアロマ化するのを防いでくれます。

ノルバデックスはアンチエストロジェン剤としてはとても一般的ですが、
値段的にはあまりふんだんに使えるプライスでもないので、、、

男性化の強いテストステロンとスタックして使ったり、女性乳房化の兆候として
乳首に痛みが出始めた頃に使うのもよしとされています。

right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

2008/06/08(日) 23:01:57プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
ダイアナボルは1956年シバ社によって開発されて、今日まで人気の衰えない
経口のアナボリックステロイドです。

ピンクの小さい錠剤で、アナボリックステロイドの代名詞ともなっているでしょう。
開発からこれまで多くのアスリートに使われてきました。

ダイアナボルはアンドロジェニック作用、アナボリック作用どちらも非常に強く
ダイアナボルをとるときは副作用に対応する準備を必ずとるようにした方がいいでしょう。

また、肝臓で分解・解毒されるので肝機能与えるダメージも大きいと言えます。
アナボリックステロイドのビギナーには「ダイアナボル50mgとデカデュラボリン200mg/week」
は非常に一般的でポピュラーな組み合わせです。

多くのビギナーがこのパターンで、はっきりと目に見えるステロイドの効果に
ステロイドのすごさを実感することでしょう。

とはいえ、ダイアナボルは副作用が強いので女性には不向きでしょう。
また、ダイアナボルは安価で購入することができタイ製ロシア製は特に有名です。
デュラボリンはステロイドの定番デカデュラボリンの並びのステロイドと考えていいでしょう。

脂溶性のエステル系のステロイドで、デカに代表される「ナンドロロン系」のステロイドです。
特徴は似通っていますが、脂溶性であるため体内滞留が長く、長い間アナボリック効果が続きます。

デカは週に一回注射でその効果が持続します。
デュラボリンは若干短く、3日に一度の注射が必要です。

また、同じナンドロロン系のステロイドは副作用が少ない事で知られています。

HCG( Human Chorionic Gnadotropin )エイチシージー

square round プロホルモン通販サイト  

これはヒト胎盤性・性腺刺激ホルモンです。

これは医療現場では排卵誘発剤として女性に用いられ、妊婦の尿の中にこのホルモンが存在しています。形態は白いパウダー状のホルモンを凍結乾燥させたHCGと、無菌の蒸留水のアンプルに分かれています。使用の前に2つを混ぜたらすぐに活性化する。活性化した後は2-8℃の低温で保存する必要がある。注射方法は皮下注射でOKです。

 作用はクロミッド同様に、睾丸の機能回復に使用する。クロミッドよりはHCGがよりスピーディーに効果が現れるのでクロミッドより人気があります。

 HCGは体内のテストステロンレベルを上げるのと同時に、エストロゲンレベルも上げてしまいます。ただし章丸の機能が低下している場合はエストロゲンの上昇は起こりづらいため畢丸の機能が正常な人が使用すると、エストロゲンの上昇により水や脂肪がたまりやすくなるというマイナス面があります。

 副作用としては頻繁に多用すると睾丸の反応が非常に鈍くなります。つまり投与しても睾丸がテストステロンを製造しなくなるのです。

 一般的に4 0歳を超えるとテストステロンレベルが急激に低下するといわれています。

ストレスや運動不足も原因で睾丸の機能が低下しますが、体内では必死にテストステロンの製造を促すようにHCGレベルが上昇していきます。

テストレベルとHCGのレベルは反比例の関係にあります。どんどんHCGのレベルは上がりますが、逆に益々睾丸では反応が鈍くなりテストステロンレベルが低下していきます。

急激に低下した場合、うつや無気力になります。男性の更年期障害と同じ状況です。

最近中高年の自殺者の増加はリストラなどのストレスが急激にテストレベルを下げたことがかなり影響されていると思われます。治療には抗うつ剤や男性ホルモンの補充が有効であると思われます。ただし正常な男性の一日に製造するテストステロンの量は2.5から111mgと約4倍も開きがあるので非常に個人差が大変大きいのです。 40, 50歳でも不運な20歳よりテストテトロンレベルが高いこともあります。

 ステロイドユーザーが使用する量は2000-5000単位を1週間に一度、 2-3週間連続使用するのが普通です。4週間以上連続して使用すると睾丸の反応が鈍くなるので注意が必要です。使用のタイミングは強いアンドロゲニック作用のサイクルの終了時、またはサイクル中に使用します。目安は4-6週間に一度5 0 0 0単位程使い自身のテストステロンの製造をキープしなければなりません。

 

使用量 2000-5000単位/(2-3週間連続が上限)


right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

 

2008/06/07(土) 22:45:31プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
アンドリオールは、これまでのステロイドの欠点を補う画期的なステロイドとして開発されました。

口から摂取できる経口剤として開発、しかし経口剤の弱点肝臓で
分解され活性を失い、しかも肝機能を著しく損ねる、、、といった欠点を解消しました。
また、経口の定番ダイアナボルやアナドロールのようにDHTやアロマ化の心配がなく
副作用がとても少ないというふれこみです。

ところが、その評価は賛否両論で
いわゆる男性機能回復剤として中高年が医者の処方を受けて飲む薬としては
一般的となり、アナボリックのヘビーユーザー、ビルダーなどが手を出す薬ではないという
意見もあります。

いずれにしても、副作用は少ないので女性やテストステロンレベルの高い
若い世代のビギナーにお勧めのモノと言ったところでしょうか?

エクワポイズは安価に手に入るアナボリックステロイドとして有名です。
エクワポイズは本来動物用に開発された薬品で、人間用として使っているのは
ステロイドの入手の難しさや値段的なところから代替品として私用されているようです。
ダイナボロンはデカと同じようなナンドロロン系のテストステロンです。

効果や副作用の少なさはデカデュラボリンと同じようなエステル系のステロイドですが
とても使用頻度の高いデカとちょっと変化をつけたり、刺激をかえたりする
目的でダイナボロンをスタックするユーザーがいます。

入手しやすいデカに反してヨーロッパでしか入手できないという欠点があります。

Clomid(clomiphen citrate)

square round プロホルモン通販サイト 

クロミッド、通常医療現場では女性に排卵誘発剤として処方されます。排卵が正常に行わ

れない女性に使われるのです。

 

経口剤であり、 1-50mgのタイプがメインです。ステロイドユーザー(男性のみ)はこれを睾丸の機能回復に用います。強いアンドログニック作用のステロイド、テストステロン、アナドロール、ダイアナボールを使用すると体内では自身のテストステロンの製造をストップさせます。このため睾丸は萎縮し性的な興味は失われ、あったとしても体がうまく反応してくれなくなります。

 

アンドロゲニック作用のつよいステロイドやプロホルモンを使用したときの初期の状態の性欲の克進、勃起の持続の反対に今度は逆の状態が起こります。このためサイクル中、もしくはサイクル終了時に使用して素早く睾丸の機能回復をはからなければなりません。

 アンドロゲニック作用の低い、デカ、プリモボラン、スタノゾロールでは通常必要にはなりません。自然回復ではかなりの時間がかかり、この間正常値より低いテストステロンレベルに肉体がさらされます。

 いわゆるホルモンクラッシュという状況が起こり、筋量、筋力の減少や精神的にうつの状態になり無気力な状態になることが多くあります。うつ状態を解決する為に抗うつ剤を常用する人もいるようです。

ちなみに日本で一番でかいとされた岩間勧氏はステロイドレイジによって殺人事件を起こしたと言われています。

作用の強いステロイドを使用しているときはアルコールに対しても普段とは違う反応がでてしまいがちです。理性を制御しづらくなるため、ステロイドサイクル中のアルコールや興奮剤には注意が必要です。

 

使用量 50mg-100mg/毎日(1-2週間の継続投与)



right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

 

 インシュリンはご存じのように糖尿病治療に使われる薬です。
血液中の栄養素を細胞に送り込む働きをします。
square round プロホルモン通販サイト 

最近ではアナボリックステロイド・ヒト成長ホルモンそしてこのインシュリンをスタックするのが
定番になっているようです。

アナボリックステロイドでタンパク質の同化作用の高まった身体のレベルに
インシュリンで刺激して多くの栄養分を運ぶことで「でかくなる」のを加速します。

副作用の大きさははかりしれません。
インシュリンは過度に摂取すると、血中の糖が細胞に送られ低血糖症に陥り、
意識不明になり命を落とすことにもなります。

right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

ヒト成長ホルモンは、若返りの魔法のドラッグとして長い間語られてきました。
成長促進や体脂肪の減少、老化防止など夢のような効果が上げられます。

副作用として内臓肥大や末端肥大症、糖尿病などが上げられる。
また、ヒト成長ホルモンを過剰にとりすぎたことで癌になるという報告もあり
アナボリックステロイドのスタック用として、長期間・大量に投与することによる
副作用の幅は計り知れない。
 筋肉を鍛えるためではなく、ダイエットの一環として筋肉トレーニングを行っている方も多いのではないでしょうか。筋肉トレーニングだけを行っていては、筋肉の方が脂肪よりも比重が高いために、見た目の改善はともかく、数値的にはあまり効果が無いといったことも考えられますが、脂肪を燃焼させるための有酸素運動とあわせて筋肉トレーニングを行うことは、非常に効果的なダイエット法です。

 体内の筋肉の総量を筋肉トレーニングによって増加させることにより、基礎代謝が高まります。それによって、有酸素運動を行った際の、脂肪の燃焼効率も高まるというわけです。また、ダイエットの最大の敵はリバウンドですが、リバウンドを避けるためにも健康的なダイエット法が推奨されるのは周知の事実ですが、有酸素運動と筋肉トレーニングによる基礎体力の向上を伴いながらダイエットを行うということは、非常に理に適ったダイエットのやり方であると言えます。また、年齢を重ねることによるお腹のたるみを防ぐためには、内臓を取り囲むように腹筋を鍛えるよりほかないため、そういった見地に立っても、筋肉トレーニングを効果的に盛り込んだダイエットが推奨されます。

T-100 SUN社のエポックメーカー

T-100
2008/06/01(日) 07:37:13プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。