究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]

 ステロイドの安全な使い方

square round
プロホルモン通販サイト 

アナボリックステロイドの正しい摂取の仕方は、よく言われているサイクルという。一定期間ステロイドを摂取してそしてオフと呼ばれる湾内を交互に繰り返すといった採取方法が一般的で副作用が少ない方法です。

一般的にまたは平均的には6週間からは地中海アナモリ食うステロイドのサイクルを続けます。そして摂取した機関と同じ期間もしくはそれよりも長い期間オフつまりステロイド劣らない方がなければなりません。
なぜならば、最初の数週間でステロイドを衣の受容体が飽和してしまうのでいくら外からステロイド衣もとってもステロイドが活性を帯びることはありません、一方で副作用だけが出てしまいます。受容体が受け入れられる以上のステロイドをとっても効果がなく副作用が出るだけの非常にマイナスの多い結果になってしまいます受容体を増やすにはある程度ハードルをあげたハードなプレーをすることによってレセプターを増やしたりまたは一定期間を開ければ自然にレセプターつまり受容体ができます。

このステロイド摂取サイクルは軽いでの決まりがあります。
つまりレセプター=受容体と結合して活性がある方向に持っていきやすいよう徐々にステロイドの摂取量を増やしてそしてサイクルの終わりに近づくにつれて量やガラスという方向に持っていきます。
1番大切なのはサイクルの期間中にアナモリ食うステロイドを低地に保つことが大切です左右することによって体内をアナとい状態氏ととも強いための休憩を取ることで体をより大きくすることでます。
また体の自然なホルモン調整の観点からでも急激にホルモンの量増えたり減ったりするのは非常によくありませんそれはなぜかというと神戸ステロイド衣が血液中に流れることとおからホルモンを正常値に抑えるような姿勢が来ることで男性ホルモンを出すような命令が出て副作用として睾丸が小さくなった男性器のが停止したりする作用がこれからです。

サイクルが終わりステロイドの使用を取ることによって体内からはステロイドが排出できますかし。。交換の機能は外からの登用に、低下しているため正常な男性ホルモンを分泌できないような状況になっています。また自然のかたちで男性ホルモンを分泌するようになるにはかなり時間がかかりますステロイドの使用をやめて自分が作り出すホルモンの量が少ない状態この状態は体内のホルモンの量が正常値より非常に低い状態であるということでます。
この状態をホルモンクラッシュといいます行為が状態に陥ると人間の体は精神的にかなりダメージを事す。
倦怠感がひどく日常生活を送るのは非常に大変になってます精神的な家の状態なのでこういった状態になると筋力運動能力は低下することでます。
回このような副作用が男性の体を悩ませることを防ぐため徐々にステロイドの使用や使用を取得するタイミングを徐々に減らしていく必要があります一方でサイクルで一般的なのはC〇10ccやクロミッドと呼ばれる作品を使って、急速に睾丸の機能の回復を図るという方法です。

こうした方法によって体内の年として6レベルを正常値こそですし、ステロイドユーザー、特に強力なものを使用する際はとても大切なくせですこの薬は決してあるではません。

HCGは生鮮自然ほど刺激ホルモンです。医療の現場では排卵誘発剤として使われています。
女性の不妊治療訳でもあります南西には交換の機能回復に使われます。睾丸に男性ホルモンを作りを働きかけるですこれは男性ホルモンのレベルを上げること女性を衣。でも同時に出てしまいますしかし交換の機能が著しく低下している状況では男性ホルモンのみしか上げることにません。睾丸が正常の場合は女性ホルモンのレベルも上昇して分けてあるので女性が言うのを起こす危険性もいます。
このためHCG単体で筋肉増強剤として使用することはまずありません。
回のクロミッドもほぼ同様の働きをします。HCGが注射剤でクロミッドが平行線です。
HCGの方が好みとい急速に機能回復することがいます。ホルモンクラッシュを防ぐためには急速に男性機能回復する必要あります。HCGの方にこの点には軍配が上がるでしょう。一定の併用する場合もあるし単体で使用する場合もあります。睾丸の機能も低下声によるでしょう
right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

スポンサーサイト

経口剤のアナボリックステロイド

経口剤のアナボリックステロイドは消化器系から小腸を通って、血中へ入っていきます。
90分ぐらいで血中濃度がピークに達します。体の中がアナボリック状態つまり、たんぱく質同化作用を起こす状態にするにはステロイドのノードを一定に保つ必要があります。

そのため経口剤をとる場合は1日に3回か4回に分けてステロイドのノードを一定に保つ必要があります。排出されるスピードも速いので一日数回摂取する必要がある場合が多いです。
経口剤の特徴として17αアルキレートような処理をして、肝臓で分解されないようにな化学処理をしています。
 
そのため肝臓にダメージを強く招くモノがあります。

例外はプリモボランやアンドリオール


◆注射剤タイプ

多くのステロイドは注射剤によって利用することができます。
または注射剤のアナボリックステロイドの中にも脂溶性のものと水溶性のものがあります。
注射剤の方は全てが筋肉注射である静脈注射のものは一つもありません。

◆脂溶性のタイプ
脂溶性のアナボリックステロイドは水に溶けにくいものが多くあります。

イメージ的には調理用の油に似ています。
非常に粘着性であり注射を打つと、筋肉注射例えばお尻や肩といったところに違和感が残ります。

注射をた場所から徐々に血液の中に溶け込んでステロイドは体内を駆け巡ることになります。
こうした注射型のアナボリックステロイド摂取方は肝臓にまたは肝臓を通らないため肝臓に対するダメージを与えることがありません。
脂溶性であるため体の中に長く留まることができるので血中濃度をアナボリック状態に保ちやすく非常に長い間効果的です。

エステル系と呼ばれるアナボリックステロイドの種類のモノはだいたいこういった脂溶性のものが多く、週に一回注射するだけで長い間体をアナボリック状態に保つことができます。
また一方で一度注射したエステル系の脂溶性のアナボリックステロイドは体の外に排出するのに非常に時間があります。
このためドーピングテストでドーピングのチェック非常に引っかかりやすくなります。

特にアナボリックステロイドとしては一般的で人気のあるナンドロロンデカノイトは使用を止めて1年以上たっても代謝物質が体内に残る場合があります。
つまりドーピングテストにひっかかってしまうのです。

定期的にドーピングテストを行う可能性のある競技でのアナボリックステロイド利用は適していません。

◆水溶性のタイプ
水に溶けるタイプの残るステロイドで有名なのは、テストステロン・サスペンションがあります。
これは非常に古いタイプのステロイドで、1940年代に開発され第二世界大戦でドイツがヒトラーの指導のもと使ったとうわさされているステロイドでます。

水溶性のモノはとても即効性があり体の中に残る期間が短いという利点があります。
このため即効性がある一方で毎日3回も注射する必要があります。しかし肝臓を通らないため体には比較的やさしい、つまり副作用があまりありません。

アナボリックステロイドと、、にほんでは公の場で口にするのも、ちょっと気が引けますが、
over the counter drug(店頭販売) では買えないものの日本では、所有はいたって合法です。

ステロイドって違法じゃないの?っておっしゃる方の多くは
アメリカの法律やアメリカの逮捕情報に過度に影響受けていると思います。

アメリカの法律ではControlled Substances Act (CSA)規制物質法とでも訳すのでしょうか、、
その中には、規制の強さに応じてスケージュール1,2,3とあります。
アメリカでは、中毒性や身体に関する影響また、おもしろいのは
精神的な影響、、、つまり麻薬のように中毒性があり精神をむしばむモノを強く規制しようとする
傾向があるようです。

Schedule I drugs
Schedule II drugs
Schedule III drugs

で、アナボリックステロイドはスケージュール3になり、中毒性、精神的な影響を
指摘してあります。そして、当然その製造流通保持、どれも禁止されています。

最近では日本のプロビルダー・BIGHIDEこと、山岸秀匡氏が12月8日にLosで逮捕され
たことは記憶に新しいでしょう。

日本ではステロイド所持は違法でないにしても輸入したり売ったりするのは薬事法で規制されているので、彼は明らかに法を犯しています。



M1-T プロホルモン


icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓

M1Tはとても有名ですが、ドロール系のハイテク系のドラッグがでたり、フェラプレックスのような副作用のすくないプロホルモンが出てきた現在、古い感じがしますが未だにM1Tのファンは多いようです。
2008年、米国系のサイトで入手不可能になってから欧州系の通販サイトで購入可能でしたが2009年等々市場から姿を消してしまいました。今となっては幻の超強力プロホルモンですね。


M1T_PCN

PCN M1Tの成分

M1T 17a-Methyl-1-Androstene-17b-ol-3one
3-beta-hydroxyetioallocholan-5-ene-17-one

M1-T methyl-1-testosteroneで初めていわゆる本格派の筋肉増強剤パワーを感じたマッスルビルダーは多いと思います。先に副作用の話題をすると、最近の流行と比べると肝機能へのダメージが特にきついようで2週間から4週間目からはかなり倦怠感や尿の色の変化などの肝機能定価の兆候が現れます。

また、アメリカで報告されているのは他のプロホルモンと比べてもテストステロンの自然分泌が完全に止まってしまうのでPCT=ポストサイクルトリートメント、サイクル後の自然回復の薬が不可欠です。

M1Tは短期的にテストステロンレベルを押し上げ、特に30代後半ぐらいのテストステロンレベルの落ちてきた成人男性で筋肉増加が著しくあります。もちろん、プロホルモンの特徴でアロマタイゼイション=芳香化
ホルモンが男性ホルモンから女性ホルモンに変化して男性的になるはずが女性的になること、、、おっぱいが膨らんだり、体が水分を蓄えやすくなったりすることが、、、ほとんど起こりません。
もちろんこの特徴はM1Tに限ったことではありませんが、、、


icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓
2008/07/01(火) 00:16:11プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。