究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]

Darrem Charles

筋トレのプロ中のプロの中のプロの2人が教える「ドーピングなしで筋肉生成ホルモンを出す」知られざる筋トレ方法です。


ダレン・チャールズは1969年生まれ、IFBBのプロボディービルダー。
彼は「ステロイドや成長ホルモン・インシュリン」などの筋肉増強剤を使わず、栄養とトレーニングのみで活躍するプロとして知られています。ダレンチャールズのキャリーは1989年のIFBBワールド・アマチュアのヘビー級で5位に入賞することからスタートしました。
ダレン・チャールズはティーンエイジャーでボディービルを始め、1980年代数々のコンテストに出場し1990年代からプロに転向しました。ダレンチャールズは、とても穏やかな性格でも知られていますが、時としてこの穏やかさが、コンテストで他の選手達のアグレッシブな姿勢と相反するモノで、彼のパフォーマンスではマイナスになったとも言われます。


darrem charles




























square round  プロホルモン通販サイト

right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

 

スポンサーサイト
2008/11/27(木) 15:10:57ボディービルダー
Trackback [x] |Comment [x]

プロホルモン紹介サイト-海外編-
icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


アナボリックステロイドの専門サイトは多いけれDプロホルモンの
専門サイトや特化しているサイトはほとんど皆無ですね、、、
その中でも、より情報の取りやすいサイトをご照会、、、、
あくまで、管理人がよく利用しているサイトのみの照会です。


DISCOUNT ANABOILCS
http://www.discountanabolics.com/c/prohormones
プロホルモン通販のバラエティー豊富。
市販のものは「ペラプレッく」のような入手困難なもの以外はほとんど手に入ります。

フォーラム:日本で言うところのBBSのようなところで
口コミ情報や、体験者のプロホの採点表やスタック(飲みあわせでよりプロホの筋肉増強強化を引き出す、、)
情報なども触れています。

★英語力プラス、ちょっとコアなトレーニング用語も出てきます。


WORLD CLASS NUTRITION
(Discount Body Building & Diet Pill Supplements )
http://www.worldclassnutrition.com/index.html

とにかくプロホの種類が多いし、商品説明とか効果説明も豊富で、
全体的に安い、、、どういう商流になっているのかアメリカは不思議です。
それから、日本語サービスもうれしいところ!
、、といっても「GOOGLEの自動翻訳にかかるようになっているんだけど
ドイツ語・フランス語・スペイン語の次に日本語を入れてくれいているので
とても好感が持てました、、、

★英語の苦手な人にお薦め

プロホルモンの通販専門サイト
http://www.prohormones.co.uk/
北米に比べてアナボリック系の規制が緩いといわれるイギリスのサイトです。
情報よりは商品販売に徹している感じ、、

icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


◆ プロホルモンメニューへ戻る arrow

筋肉増強剤★究極.com へ戻る arrow

2008/11/26(水) 09:52:35プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]

プロホルモンの値段
icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


いろんなタイプのものを目にしますが、、、
プロホルモンの日本で売っているモノは、ほぼ5000円から10000円の間のプライスです。

現在、海外の通販サイトで手に入るプロホルモンはかなり安価で手に入ります。
ドル建てのものだと、結構決まったプライスのつけ方が多いので
US$49.99とか US$39.99とかいう値段のつけ方が多いようですね。

通販業界で言うところの、、限定プライス=>ダブルプライスで US$19.99とか

私も沢山の海外通販サイトを覗いたり、自分でも利用したりしましたがこの20ドルから60ドル
くらいのプライスの差はどういう効果が違うのかよくわかりません。


プライスに応じて効果が決まる、、、というのはプロホルモンに関しては全くないようです。

Phera-Plex 60 Capsules

しかし、ANABOLIC XTREME(アナボリックエクストリーム)社の
大ヒット商品ペラプレックスやスーパードロールのような入手困難なものは
本来の価格は 50ドル前後です。

しかし、ネットショップで買える場合はも100ドルから90ドルとかなり割高になっています。
ペラプレックスやスーパードロールを現在ネット海外通販で購入したりしますが、
ListPriceが $89.95で 実売価格 $64.95で販売しているのを見つけネットで購入しました。

送られてきたのは、なんとニューヨークのブルックリンの業者で
「大丈夫なの?アメリカ国内では違法では?」

そんな風に思っています。

やはり入手困難なので、そこまで出しても需要があるということでしょう。
やはり、自分の経験上「ペラプレックスほど効果があって副作用の少ない
プロホルモンは少なかった」ので、

多少高くても入手しています。

他の記事でも紹介していますが、世界最大のネット通販サイトeBayだと、、、
かなり安く手に入ったりします。英語の苦手な人も最近はセカイモンなどを
通して購入することができます。

eBayには探しています、、、といった機能があり、ネット上の
数億人の会員に自分の探しているアイテムを呼びかけることもできます。
eBayのいいところは、発送込みや日本円への換算&表示を即座にやってくれるので
「cross-border trading」国を超えた売り買いにとても便利でメリットが利増す。

また、NetTagやshopping.com(これもeBay傘下の便利サイト)、で
日本で言えば価格.COMのような便利なサイトで、、、
ベストプライスを提示してくれるサイトをピックアップしてくれることができます。

管理者は月に何度かshopping.com や net Tagで最新ショップや
値ごろ店を見つけては注文したり、英語で交渉して安くしてもらったりします。

プロホルモンやPCTなどは、サプリメントというよりはやはり薬!であるという性格が強いので
ネットショップや出展者にはいろんな質問をしたり、値段交渉をしたり
すると案外”いいdeal”いい取引ができたり、新しい情報をくれたりするのでそれもまた楽しいところです。


icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓

◆ プロホルモンメニューへ戻る arrow

筋肉増強剤★究極.com へ戻る arrow

2008/11/26(水) 09:50:59プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]

プロホルモンの種類
icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


プ ロホルモン
は体内のテストステロン(男性ホルモン)レベルを高めるもので、ステロイドの前駆体。ステロイドに変化する前の状態、、、といった意味です。所持することさえ違法とされるアナボリックステロイドと峻別sる為に、プロステロイドと呼んでいますが、、、、はアメリカで一般的には、、化学式にAndro や Norandro という式が入っているので、、、一般の人は「アンドロ」「ノルアンドロ」といった呼び方をしていました。

だから AndroアンドロとかいNorandroノルアンドロと商品名に付く商品が一番市販でよく見られるものだと思います。また、プロホルモンが2005年にアメリカで禁止されたときも「Andro Ban」アンドロバン、つまりプロホルモン禁止令2195のような禁止法律の名前がつけられました。

プロホルモンの本格的スタートはM1-Tと呼ばれるmethy化された1-T(1位の部分に2重結合を持つ)テストステロン。このタイプのテストステロンは我々男性が持っている4-Tの7倍のアナボリック効果を持っています。
その後、プロホルモンの大ヒット作のフェラプレックスは2位に二重結合を持つM2Tのようなモノや、ポリマー構造をもち、男性ホルモンが女性ホルモンに変化する副作用をかなり抑えることのできた、進化したプロホルモンなどが現れて来ました。

また最近はメチルかされていない、、、つまりαアルキレートされていないので肝機能に優しい?!とされるアフラグノ furaguno = 同成分で furazadrol といったプロホルモンも脚光を浴びています。

ちなみに化学式は、、、

5a-etioallocholan[2,3-c]furazan- 17b-tetrahydropyranol ether



◆Androstenedione (Andro)
また、別の言い方で
・4-androstenedione,
・4-androstene-3,17-dione


◆4-Androstenediol (4-AD, Androdiol)
また、別の言い方で
・4-androstene-3beta,17beta-diol
・4-androstene-3alpha,17beta-diol
・androst-4-ene-3beta,17beta-diol
・androst-4-ene-3alpha,17beta-diol
・D4-androstenediol

◆5-Androstenediol (5-AD, 5-Diol)
また、別の言い方で
・5-androstene-3beta,17beta-diol
・5-androstene-3alpha,17beta-diol
・androst-5-ene-3beta,17beta-diol
・androst-5-ene-3alpha,17beta-diol
・D5-androstenediol

◆19-Norandrostenedione (19-Nor, 19-Nordione)
また、別の言い方で
・4-oestren-3,17-dione
・19-nor-4-androstenedione

◆19-Nor-androstenediol (19-Nordiol, 19-Diol)
また、別の言い方で
・19-Nor-4-androstene-3beta,17beta-diol
・19-Nor-5-androstene-3beta,17beta-diol


icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


◆ プロホルモンメニューへ戻る
 arrow


筋肉増強剤★究極.com へ戻る arrow

2008/11/26(水) 09:48:35プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]

筋肉増強剤 プロホルモンとは、、、!?

プロホルモンの話をする前に、プロホルモンを研究者が商品化する前に、アナボリックステロイドの存在がありました。

ステロイドといえば、、、オリンピック選手などのドーピングの問題でかなりネガティブな意味で理解している人が多いと思います。
ほとんどの人はアスリートたちが人並み外れた体力や筋肉を手に入れようとして、様々なホルモン剤を注射している光景をイメージするのではないかと思います。
実際私・城山がアメリカ・ニューヨークに住んでいたとき、ジムに使い終わった注射器が「こっそり・生々しく」捨ててあったのを目の当たりにして、ぞっとする思いをしたのを覚えています。

しかし、アナボリックステロイドはその「爆発的な」効果と摂取の簡単さから全世界、、、主に北米を中心に広がりました。
しかし、1980年代多くの副作用の報告によって取り返しのきかないような健康被害を起こす症例が明らかになり、アナボリックステロイドの副作用に多くのアスリートやユーザーたちはアナボリックステロイドの使用を「泣く泣く、、」あきらめました。

アナボリックステロイドはアメリカ(北米で)禁止薬物に指定され、入手することができない薬物になりました。

しかし、その後比較的副作用の少ない、そしてアナボリックステロイドに準ずるような効果のアル?
プロホルモンが脚光を浴びるようになりました。

プロホルモンという言葉の プロの意味するところの「前の、、、」という言葉とホルモンという意味からできています。
ステロイドホルモンの活性のない前駆体ですが、、、、
カプセルに詰まっている物質は実際のホルモンではなく、
体内の様々な酵素によって望みのホルモンに転換する物質なのです。

プロホルモンは天然に存在する物質で、ホルモンそれ自体ではないので
発売当初、米国では一般に市販されホエイプロテイン パウダーなどと同じ法的扱いを受けていました。
(しかし現在では、既にステロイドと同じ禁止薬物に指定されています。)

筋肉増強トレーニングのバイブル「バルクアップ・マニュアル」



iconプロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


カテゴリートップ ◆ プロホルモンメニューへ戻る
 arrow


筋肉増強剤★究極.com へ戻る arrow

BCS LabsのCynergEは
化学式(2a、3a Epithio-17aメチル17b-hydroxy-5a-androstane)は、骨格筋組織の中のアンドロゲン受容体に結合することで、ステロイド性アロマターゼ(芳香化)のような副作用を阻止し、水分貯留の少なくドライな筋肉を重点につけるようデザインされた製品です。

CynergEはマーケットの他のsteroidal aromatase inhibitor (=> ステロイドホルモンが芳香化によって女性ホルモンに容易に変化して起こす様々な副作用を抑止する薬)と比較するとかなり強く効果的です。

CynergEはその成分からドライな筋肉の仕上がりを達成することができる一方で「バルクアップ系」のプロホルモン・プロステロイドとのスタックが可能です。また、同時にBCSラボはこのドラッグにセイシカズラQuadranglarisを加えることで更にマッスルゲインの効果を高めました。

** Cissus Quadranglar
セイシカズラは、何世紀にもわたり骨折を治す効果があることでインで使われていたハーブです。セイシカズラは、腱と靭帯の回復させる効果があり痛みを和らげる効果もあることで知られています。

CynergE 内容量
Serving Size: 1 Capsule
カプセルあたり含有量
2a,3a Epithio-17a-methyl-17b-hydroxy-5a-androstane 10mg
Cissus Quadrangularis 725mg

BCS Labs CynergE



2008/11/24(月) 14:31:47プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
プロホルモンとは何か?

icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


本来のステロイドホルモンの意味は、体内でコレステロールから生成されます。
すべてのホルモン物質、たとえばテストステロン、エストロゲン、その他
ひろくはビタミンDなどの物質も含まれています。

プロホルモンは専門的にはステロイドホルモンと呼ばれているものです。
ステロイドホルモンの活性のない前駆体ですが、、、、

今、オリンピック選手などのドーピングの問題でかなりネガティブな意味でステロイド、、という言葉を理解している人が多いと思います。
ほとんどの人はアスリートたちが人並み外れた体力や筋肉を手に入れようとして、様々なホルモン剤を注射している光景をイメージするのではないかと思います。

しかしこの場合、「ステロイド」という言葉を本来の意味から外れて使用した結果、体力や競技の結果を伸ばすために摂るホルモンの種類を指すいわばニックネームになってしまったようです。

プロホルモンという言葉の プロの意味するところの「前の、、、」という言葉とホルモンという意味からできています。

カプセルに詰まっている物質は実際のホルモンではなく、
体内の様々な酵素によって望みのホルモンに転換する物質なのです。

プロホルモンは天然に存在する物質で、ホルモンそれ自体ではないので
発売当初、米国では一般に市販されホエイプロテイン パウダーなどと同じ法的扱いを受けていました。
(しかし現在では、既にステロイドと同じ禁止薬物に指定されています。)

icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


2008/11/21(金) 19:05:27プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
プロホルモン禁止 in USA

icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


2005年アメリカでは2004年に作られた「アナボリックステロイド禁止法」にもとづてい、
正式にプロホルモンは禁止薬物になりました。

現在、プロホルモンの流通、販売、所持すべてのれべるで罰せられる罪になりました。
質のいいプロホルモンはもちろんアメリカ発のものが多かったので多くの人が
この法律によってダメージを受ける模様です。

法律の詳しい文言は下のURLから、、、

http://www.congress.org/congressorg/webreturn/?url=http://thomas.loc.gov/cgi-bin/query/z?c108:H.R.3866:

注: アメリカでの規制は売買はもとより、保持もいけない!という厳しいものです。
アメリカ版規正法によれば、スケジュール3と呼ばれる規制が3番目に厳しい禁止薬物です。
これは、ステロイドがそうだったように、賛否両論はありますが
「常習性」と「メンタル面」に影響を与え、精神を凶暴化させたり自殺したりといった
事例が多く報告されたのでこういった厳しい規制カテゴリーにくくられることになったのです。


ところがこれはもちろんアメリカの事情で、、日本ではもちろん
プロホルモン=andro系の商品は所持はもとより、個人の使用ベースでの
輸入はオープンです。

欧米の人に日本の事情を話すと、、、「先進国の中では異例に緩やか」
と、、びっくりされるほどです。
icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど
筋肉増強剤はこちら↓

2008/11/19(水) 13:06:06プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]

■プロホルモンの探し方■
icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓

現在プロホルモンを簡単に買えるのはインターネットがメインです。
2005年と2008年6月、プロホルモン規制がかけられ
とくに2008年の規制に関しては、新製品や開発製品を
狙い撃ちで規制をかけてきました。
しかし、これはもちろん米国の話ですが、製薬会社・サプリメントの開発会社
はもちろん米国なのでプロホルモンマーケットはもちろん多大な影響を受けます。

不思議なことに日本は、プロホルモンはおろかステロイドの個人輸入も
保持もまったく違法ではないため、英語のサイトさえ怖くなければ自由に買うことができます。

多くのプロホルモンを販売するサイトでは、規制以前に仕入れしているところが多く
潤沢とは言わないまでも多くの在庫を持つところが多くあります。
しかし、これもアメリカ当局とのいたちごっこなので、購入するときは
賞味期限などをちゃんとチェックしたほうがいいでしょう。

下記に、安価で比較的新しい、人気商品などを扱っているサイトを紹介します。

また、近頃では「自分の利用する範囲、、、」という名目で個人輸入をされ、
ヤフオクなどで販売している人を多く見かけます。
かなり、タイミングを逃すと購入できないこともありますが、、、
いち時期に比べるとかなり入手が簡単になりました。


DISCOUNT ANABOLIC
http://www.discountanabolics.com/
ここでは、幅広いプロホルモンを買うことができます。
品ぞろいも多いし、値段はリーゾナブル。また商品説明もちゃんとあるので使えるサイトといえるでしょう。

  1. World Class Nuitrition

ワールドクラスニュートリーション
http://www.worldclassnutrition.com/index.html
また、このサイトもプロホルモンに限らずその他多くのサプリメントが沢山買えます。
住所や電話番号を一切伏せてるサプリメント系の海外ネット通販サイトでは珍しく
ちゃんと電話番号を載せているので、トラブルがあった時など、、、安心ですね。

他の記事で紹介している、プロホルモンの人気商品、アナボリックイクストリーム社の、ペラプレックスですが、、、2007年4月にはペラプレックスを買える通販サイト5つはありましたが
現在は2つくらいしかありません。

2008年春にはほぼなくなってしまっているのでは?
という悲観的な予想を立てています。

「コアモノを探す裏技」を紹介します、、、、

>Shopping.com
http://shopping.com/
とにかくいろんなネットショップと提携してネットショップのポータルサイトになっています。
アメリカ版価格ドットコムのようなサイトですが、探しているものを幅広く検索して
抽出してくれるので管理者は重宝しています。

>NexTag
http://www.nextag.com/
これは、結構コアな商品もひっぱて来れるネット通販ショップの入り口
とにかくいろんなショップからコア商品をひっぱてくることができるし、ペラプレックスを売ってるショップを
複数しかもプライス別に引っ張ってくることができます。

 

icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓
◆ プロホルモンメニューへ戻る arrow

筋肉増強剤★究極.com へ戻る arrow

2008/11/06(木) 09:49:39プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]

Anabolic Formulation社HALO-massの紹介です。

ハロードロール系のH-drolと人気を二分する
4-chloro-17a-methyl-androst-1,4-diene-3-17b-diol 25mg
メーカーでは蛋白合成や体中を窒素状態に保ちさらなる同化に追い込むように
 EcdyPLEX  とのスタックを勧めています。

halo-mass





この商品は、アンドロジェニック効果が少なく、その構成の中にポリマー構造を
もち、女性化の副作用がなくなったことで一躍注目されました。

一方でこのサプリはアメリカでは当初かなり物足りないといわれていました。
メンタルな攻撃性、アグレッシブにウェートに向かって
「もっと、もっと」といったトレーニング向かうメンタルなパンプ
間というモノを感じなくなったからです。

これは早くから、アメリカのFORUM語られ、、、、
多くのマッスルビルダーがいろんなモノをスタックし始めました。

アナボリックステロイドの場合、アンドロジェニック効果が強すぎる
と忌み嫌われていたハロテスチンも、水分貯蔵をなくしたり
攻撃的なトレーニングができ、自分のトレーニングの限界に挑戦できるとして
コンテストの前に使うようになりました。

スーパードロル系など他のプロホルモンとスタックさせるのです。
とはいえ、副作用の少ないアナボリックステロイドプロホルモンって、究極のところ
副作用の少ない経口のステロイドにとても近くなっています。)
として、比較的安全に初心者でも使えるのではないでしょうか。

2008/11/04(火) 11:44:59プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
Halo-mass ハローマス = Anabolic Formulation 社

M1-T、スーパードロール、そしてフェラプレックスにつづく最近人気のプロホルモンです。
値段も値ごろで一気に普及したようです。

halo-mass

化学式は 4-chloro-17a-methyl-androst-1,4-diene-3-17b-diol 25mg

Suggested Use:
As a dietary supplement, take 1 capsule in the morning and 1 capsule 30 minutes before workout. On non-workout days take 1 capsule in the morning and 1 capsule 6-8 hours later. Do not exceed 2 capsules in any 24 hour period.


icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


推奨量:
朝1カプセル、トレーニング30分前に1カプセル。また、トレーニングのない日には朝1カプセル、6時間から8時間後に1カプセル。24時間以内に2カプセル以上の摂取をしないこと。

■□ 特徴:
ポリマー構造

オリジナルは、元有名ビルダーで有名なギャスパリ氏の
ギャスパリ・ニュートリション社が開発した「ハロドロール50」です。

クローンというか、同成分ポリマー構造を持ったプロホルモンでは

>Halo-MASS
>Competitive edge Labs H-Drol
>Hemadrol
>Promagnon-25
>Chlorodrol-50
、、、といった商品が存在します。その中でもHalo-mass が値ごろ感でぬきんでた感じがあります。

■□■□  経験値で語る、Halo-mass 
ハローマスが最近(2008年9月)特に人気があるようです。
ハローマスはポリマー構造が特徴ということですが、その化学式のせいか、、他の理由か、、、使ったときの脳のレセプター?感情的、精神的な感覚がかなり違ってきます。
スーパードロールやフェラ=P-Plexの場合、精神的に”あがったり”怒りっぽくなったり、、といった精神面での影響がありました。そういう意味ではマイルドなステロイド的な感覚がありましたが、ハローマスの場合そういった精神面でのアップダウンがほとんど感じられません。
もちろん、個人差があると思うので一概にみんなに同じような結果があるとは思いませんが、2週間・3週間たってちゃんと筋肉増量しているのに極度な倦怠感や怒りっぽさ、性欲がすごかったり、、、といったことがあまりないのです。

もちろん、メチル化されていますので長くサイクルを組めば組むほど肝臓は確実にやられていきますので、肝臓ケアーやこ抗酸化物質はとるべきです。

また、いたるところで売り切れ状態でしたが、ハローマスとどう成分のH-drolなどもリリースされ買いやすく在庫も手に入るようになりました。

また、Halo-massは化学構造でいうとスーパードロールやフェラとは違った系統なので、別のレセプターを刺激するという意味で違った種類のプロホルモンを前後、前2週間後半2週間と使い分けるのもいいでしょう。


たとえば
M-Drol & H-Drol (Halo-mass)
P-Plex & H-Drol (Halo-mass)
のように、、、、
とくにP-Plexはアンドロジェニック効果が精神的にも実感できるので、集中してメンタルなパンプアップしたトレーニングができます。

icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓


2008/11/03(月) 10:25:57プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
ハロードロールはメチルジェンを開発して有名になったギャスパリ社の製品の製品です。
80年90年代に活躍したビルダーでRich Gaspari リッチ・ギャスパリが創設した
ガスパリニュートリシャン会社です。
halodrol50
ガスパリはプロビルダーでありながらポージングやジムでのセミナーを積極
的に行い、アメリカでプロボディービルのやサプリメント業界の育成に努めた人で
それなりのブランドネームになっています。

主成分はpolydehydrogenated, polyhydroxylated halomethetioallocholane
ドロール系です。

未だに最強プロホルモンと呼ばれているM1Tからスタートした、本格派プロホルモン
の歴史のなか、Anabolic Xtreme 社のハイテクプロホルモン、スーパードロール
から進化したフェラプレックス、そしてハロードロールへと進化していきました。

プロホルモン成熟 発展
スーパードロル(アナボリックエキストリーム社)
レプリカ & 安価版
>> S-DROL(Fast Action社)
>> M-DROL(Competitive Edge Labs社

◆発展
フェラプレックス(アナボリックエキストリーム社)
レプリカ & 安価版
>> P-MAX(Growth Labs社)
>> P-PLEX(Competitive Edge Labs社)

◆発展
ハロドロール50(Gaspari Nutrition社)
レプリカ & 安価版
>> H-DROL(Competitive Edge Labs社)
>> H-DROL(Fast Action社)
h-drol







h-drolCEL







ハロドロールは大ヒット商品フェラプレックスを更に改善する形で登場しました。
ポリマー構造、無芳香特性を持っているため、
活性化したとき女性化の副作用がありません!

ホルモン作用の中で、アナボリック効果とアンドロジェニック効果とがあります。
つまり、蛋白同化に働く効果といわゆる男性化に働く効果です。

ステロイドの中で、ハロテスチンのように強いアンドロジェニック効果のモノがあります。
アンドロジェニック効果は副作用やマイナス面ばかり言われますが、
サイクルの後で「固い筋肉の仕上がり」=つまり水分貯留のない
実質筋肉をつけやすく、また脳のリセプターに働いて攻撃的?なハードなトレーニングが
できるというプラス面があります。

ですから、ハロドロール系は女性化の副作用がほぼ皆無な一方、
ハードなメンタル面でのトレーニングができにくかったりします。
2008/11/01(土) 15:11:33プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。