究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

2009年02月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. トレーニングのための生理学(02/27)
  3. 60日で奇跡を起こす!筋肉増強法(02/27)
  4. Furaguno Furazadrol(02/25)
  5. ドーピングテスト(02/24)
  6. アナボリックステロイドは違法?(02/22)
  7. 日本のボディービル団体とステロイドの関係 (02/22)
  8. 最近のビルダー巨大化(02/22)
  9. ステロイドを使い続けるビルダー達 (02/21)
  10. デキスター・ジャクソン DEXTER JACKSON(02/20)
  11. ステロイドを使い続けるビルダー達(02/19)
  12. カスケード式スタックサイクル(02/19)
  13. アナボリックステロイド入手方法(02/17)
  14. テストステロン・サスペンションベースのスタッキング=強烈なスタック(02/17)
  15. アナボリックステロイドとゴール設定(02/17)
  16. ビギナー、ライトユーザーまたは、女性用のスタッキング(02/16)
  17. Monster Caps, 60 モンスターキャプス,60 新たなスター?(02/15)
  18. 最強のスタック(02/15)
  19. 強力なスタッキングです。  テストステロンXデカデュラボリン(02/15)
  20. 筋力、筋量アップに適したスタック(02/14)
  21. サスタノン単体のサイクルの紹介(02/12)
  22. スタックの王道(02/11)
  23. アナドロール単体サイクルの紹介(02/10)
  24. はじめの一歩、ステロイドサイクル=経口剤1(02/09)
  25. アナボリックステロイドのスタッキングについて(02/07)
  26. ステロイドの試用期間について(02/07)
  27. 効き目の早い水溶性の注射剤と経口剤のスタック例(02/05)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]

square round プロホルモン通販サイト 

トレーニングにおける体の変化についてその仕組みについて知っておきましょう。

 

      筋肉のエネルギーシステム

 

力は筋肉の収縮によって生み出されます。ではその収縮はどのようなメカニズムによって起こるのでしょうか?ここでは筋肉の収縮に使われるエネルギーの仕組みについて紹介します。

 

 筋肉の収縮に使われるエネルギーは、筋肉中にあるATP(アデノシン三リン酸)という物質が分解してリン酸基を1個放出し、ADP(アデノシン三リン酸)という物質に変わる過程で生み出されます。

 

 しかし筋肉内のATPの量は非常に少ないため、ADPはエネルギーを取り入れ、すみやかに再合成されてATPにならなければなりません。このときに使われるエネルギーの供給源の違いによってエネルギーシステムは

 

      CP系(ATP-CP)

      ②乳酸系(ATP一乳酸)

③エアロビック系(ATP-エアロビック)

 

3つの段階に分けられます。CP系は、ATPの再合成に筋肉中のCP(クレアチリン酸)の分解エネルギーを使うシステムです。しかし、筋肉中のCPの量も非常に少ないため、このシステムは約8秒程度しか継続しません。

 CP系のシステムが使えなくなると、次には筋肉中のグリコーゲンを分解してATPの再合成エネルギーを得ることになります。この段階では、筋肉内に乳酸が発生します。ここで生じた乳酸は、ある程度を超えて蓄積すると筋肉の収縮を妨げ、痛みさえ発するようになります。このためこのシステムも約33秒程度しか継続しません。

 

 次にくるエネルギーシステムが、エアロビック系で、これは酸素を使用してグリコーゲンを完全に水と炭酸ガスに分解し、この分解エネルギーをATPの再合成に使用するエネルギーシステムです。

 このシステムは、筋肉中だけでなく肝臓などからもグリコーゲンを供給され、 また脂肪も使われるため非常に多くのエネルギーを長時間にわたって発生させることができます。

 ただし酸素を筋肉内に取り入れる能力には限界があるため、このシステムだけでは最大筋力の20%程度の力しか発揮できません。

 

CP系と乳酸系のエネルギーシステム そのまま酸素を使わないので有酸素のエアロビック系に対してアネロビック系と呼ばれています。また、アネロビックのエネルギーシステムは跳躍や100m走などのごく短い間に大きな力を発揮てる運動で使われ、エアロビック系は主にマラソンなどの長時間にわたって行う運動で使われます。

 

 こうして見てくるとウェイト・トレーニングの場合は、一般的にはアネロビック系のエネルギーシステムが使われ、特別の筋持久力や全身持久力を目的としたトレーニングを行う場合は主にエアロビック系のシステムを使うことになります。

 

 

●休養の必要性と超回復

 

 筋肉の構造やそのエネルギーシステムなどについて説明しましたが、実際のトレーニングとの結びつきで考えてみましょう。

 一般的にウェイト・トレーニングでは、最大筋力の6570%の筋力で扱えるウェイトを使ってトレーニングを行います。これはその運動を連続して約10回繰り返せる運動量です。このとき使われる筋肉は速筋が中心で、エネルギーシステムはアネロビック系のものです。そして運動を続けると、それ以上はウェイトを持ちあげられますが、これは筋肉内に乳酸を始めとする疲労物質が蓄積してATPの再合成を妨げているためと考えています。

 

 消耗した体力を回復させるために、次の段階で休息が必須です。休息とは、筋内に蓄積した疲労物質を取り除くとともに失われた栄養素と体外から酸素を補給する期間のことです。

 

トレーニングによって栄養素の消費と筋細胞の損傷が起きます。その後の休養と栄養の補給によって栄養素は以前より多く筋細胞に集中し、損傷した筋繊維もより太く再合成されます。こうした過程を通して筋肉が肥大していくのです。

 ところで、トレーニング後に一定期間休息すると体力レベルが一時期だけ運動する以前よりも高くなることが知られていますが、これがいわゆる「超回復」と呼ばれる状態です。

 

トレーニングによって消耗した体力はその後の十分な休息と栄養補給によって徐々に回復し、トレーニング前のレベルに達しますが、そこで落ちつくのではなくさらに一定期間は向上をつづけるのです。そしてあるレベルに達するとまた徐々に低下して、最終的にはトンーニング前と同じ状態で落ちつくことになります。

 

したがって常に超回復期を狙ってトレーニンブを続けていけば、体力は連続的に上昇していくと考えられます。 また筋肉の肥大は、トレーニングによって集われた栄養素がその後の休息期間に補給されて集中し、さらに損傷した筋細胞が再合成されて筋繊維が太くなることによって起こります。超回復を狙ったトレーニングを続ければ、筋力が持続し、体力が向上し続けることができます。

 

 もちろん激しく使用した筋肉の再合成にはアミノ酸が必要なので、休息期には同時に十分にとり、タンパク質を取る必要があります。また、超回復と筋肥大のメカニズムについて忘れてはならないのは休息の重要性です。超回復には時間が必要で、回復する以前にトレーニングを始めてしまうと筋肉はストレスに対応する時間がなくなってしまいます。運動開始力も落ちているわけで、これではよい効果は期待できません。

 

 また、一定期間を過ぎてしまうと超回復はなくなってしまい、運動前のレベルに戻ってしまうのです。したがってトレーニングの間隔をあけすぎると体力の向上が得られず、こちらも効果が少ないのです。

 

 トレーニングから超回復までの休息期間は人によって違うし、トレーニングの量によっても違ってくるので一律に何時間とはいえませんが、一般的には4872時間ぐらいとされ、週23回のトレーニングが効果的といえます。

 

 



right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

 

スポンサーサイト

square round プロホルモン通販サイト 
 
わずか2ヶ月で、10㎏以上の筋肉増量に成功した実体験をベースにして
作り上げた、トレーニングの秘訣の紹介です。


以下、作者山本龍二さん文抜粋です。 >>>=======================

もし、あなたが、いくら努力しても全然筋肉が付かなくて悩んでいるなら、自分には素質がないから筋肉を付けるのは無理だとあきらめているなら、この情報はあなたにとって、人生を変えてしまうほど、“重大な意味”を持つことになるでしょう。

あなたは、子供の頃から“ガリガリ”で“痩せっぽち”だった私が、「わずか2ヶ月で、10㎏以上の筋肉増量に成功した!」と言ったら、信じてくれますか?

「そんな簡単に筋肉が付くわけないだろ!」
「嘘つくな!!」
って、思うかもしれませんね。

そう思って当然だと思います。
だって常識では考えられないことですからね。

しかし…

“たった1つのポイント”に集中したら…
私のカラダは…
なんと!

わずか2ヶ月で、10㎏以上の筋肉増量に成功したのです!力もグングン強くなったのです!

◆その秘密とは◆

ある筋トレ本に、筋トレのフォームについて、次のように書かれていました。

「バーベルやダンベルを挙上するときは、力強く1秒で上げて、
じっくりと2秒かけて下ろすのが基本です。」

さて、ここで問題です。

この文章には、筋肉を付ける上で、「最も重要となるある1つの動作」が、すっぽり抜け落ちています。

その秘密とは、、、=>


続きを 読む ========= > 60日で奇跡を起こす!筋肉美BODY変身 講座



right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

 

フラグノ( FuragunoFURAGUNO:
the same Chemical Ingredient As Found In Orastan-A ) 

square round プロホルモン通販サイト 
 
フラザドール( Furazadrol , Axis Labs)


フラザドロール










効果的な筋肥大開発エージェント!

フラザドロルは、信じがたいハードデンス・マッスルゲンを作り出す能力を持つ強力な非メチル化プロアナボリック成分です。マッスルディフィニションをドラマティックに高めたいアスリートの方にとって申し分のないサプリメントです。このフォミュラは極めてアナボリックですが、アンドロゲン性は最小限に抑えられていて体内での芳香化もありません。もしあなたがエストロゲンに関係する副作用なしにクオリティ・マッスルゲインを得られるプロアナボリック・サプリメントを探しているとしたら、フラザドロルがその答えです。

製品ハイライト

    * 驚異的な筋力向上
    * 密度の高いハードなマッスルゲイン
    * 最小限のエストロゲン関連副作用
    * 最小限の肝臓に対する影響

フラザドロルは、極めて効果的なプロアナボリック成分です。体内での芳香化がない為、マッスル密度を著しく高める事になるでしょう。フラザドロルは、脂肪堆積や水分貯留なしにリーンなマスキュラー・ルックをもたらす為、ダイエット中のボディビルダやアスリートの方によって高く評価されています。フラザドロルは、脂肪堆積や水分貯留が懸念されるカッティングサイクル中に非常に役立ちます。フラザドロルは、余分なウォーターウエイトは持ち歩きたくないレスラー、トラック及びフィールドアスリートの方に特に適しています。

フラザドロルは、体内での芳香化がなくエストロゲン性も待っていません。追加の抗エストロゲン成分が不要なだけでなくエストロゲンに関係する副作用も懸念する必要がありません。フラザドロルは、プロゲステロンに対する拮抗成分としても作用する可能性があります。これは、プロゲステロンに関係する副作用の除去を助けます。プロゲステロンに関係する副作用は、一般的にエストロゲンによるものと良く似ている為、これらを除去する事はリーンなマスキュラリティを高める際の助けとなります。

   
英語サイトより購入     入力ガイド
Axis Labs 
推薦用量:成人の方のダイエタリサプリメントとして、2~3カプセルを 1日を通じて均等に分散してお摂り下さい。最適な結果の為には、1サービングは就寝前にお摂り下さい。トレーニングを行う日は、ワークアウトの前に 1サービングお摂り下さい。ベストな結果の為には、4~6週間使用した後は、同等の期間の摂取停止期間を設けて下さい。推薦用量を超えて摂らないで下さい。

警告:お子様の手の届かない場所へ保管して下さい。21歳未満の方や女性の方、特に妊娠授乳中及び妊娠を予定している方は使用しないで下さい。何か健康に問題のある方は、使用しないで下さい。何か健康に問題がある方や、現在処方箋薬等を使用している方は、この製品及び何らかのサプリメントを使用する前に医師に相談して下さい。ドラッグテストで反応が出る可能性がありますので、パフォーマンス向上成分に関する検査が課されているプロフェショナル及びアマチュアアスリートの方は、この製品を使用する前に統括組織に助言を求めるべきです。

これらのステートメントはFDAによって評価されていません。この製品は、任意の病気の

View Full Version : CTD Labs Winadrol (orestan-A???)


Winadrolは Orastan-Aとまったく同じ成分です。
ガスパーニュートリシャン者のOrastan-Aを探したことがありますか?
WinadrolはOrastan-Aとまったく同じ成分です。

Winadrol
* Pharmaceutical Grade Quality
* Identical to Gaspari Nutrition's Orastan-A
* Compare to Orastan-A and SAVE $$!
* Great for cutting

CTDラボ者のWinadrolは成分は 5a- androstano[2,3-c] furazan-17b-tetrahydropyranol ether 50mg (50mg per tablet)
主成分は非メチル化された、ステロイド系の芳香化抑制剤が使われています。
フラザボルという日本で開発された成分です。

血中のこれストロールレベルが低かったということと、arterial plague が1から5と少ないレベルだったことです。

Also, furazabol and its analogs have been correlated with less androgen receptor downgrade and cytosolic
suppression than what is seen with testosterone and other androgens. But these characteristics are not the
only things that make Winadrol special: Winadrol is unique in that it is not C17 alpha alkylated (it is not methylated).
This non-methylated property inherently makes this potent compound substantially less hepatotoxic when compared to
 similar sports nutrition products including those currently on the market and many of those previously available.

In addition, Winadrol has an amazing ?myotrophic inducing potential? when used
alone but it can easily be added to a ?stack? to improve the efficacy of other, similar products.
With Winadrol a daily dose of 100mg is the maximum amount needed and many people are able to
 successfully use less than this amount to see exceptionally good results.

WinadrolはOrastan-Aとまったく同じ成分?
アメリカでは手に入らないですが、、、
だから、Winadrolは他のサプリメントと比べると手もすぐれた効果があります。


 Winadrolは非メチル化なので肝機能や腎機能には毒が極小です。

Winadrolhaコレステロールレベル下げるのに役立つかもしれません。
心肺系の問題を予防する機能もあるかもしれません。
Winadrolはアンドロジェんレセプターが少なくなるのを防ぐ、、つまりレセプターの値を高めにおいておく可能性があるということです。



Winadrol actually minimizes Androgen Receptor downgrade to make your muscles even more sensitive to its amazingWinadrolha

Winadrolは



Furazabol has less than desired effects for ones lipids...

"According to William Llewellyn, author of Anabolics 2007, the cholesterol-lowering effects of Furazabol are a myth. In the 1970s, r
esearch studies showed that Furazabol along with many other orally-active AAS like Anavar (oxandrolone)
 lowered total serum cholesterol. It was subsequently established that the cholesterol reduction from oral AAS was
the result of suppressed HDL levels. As such, it would be expected that Furazabol, like other oral anabolic steroids, while reducing total
 cholesterol levels would still adversely affect the HDL/LDL ratio and increase the risk of cardiovascular disease.



Axis社とCTD社のものは違います。
AxisのしょうひんでOrestan-Aと主張しているものはありません。

ウインストールに入っている成分は
>>>>> 5a- androstano[2,3-c] furazan-17b-tetrahydropyranol ether 50mgで
フラザドロールで主成分になっているのは
>>>>> 5a-etioallocholan[2,3-c]furazan-17b-tetrahydropyranol ether 50mg

私は化学の専門家ではないですが、似てるけれど Androstano はEtioallocholanとは違うと思います。
Axis社に対して批判的なわけではありません。
Axis社はOrestan-Aとまったく同じといっていません。
次のスタックの場合は

Etioallocholan はAndrostanoの別の言い方です。



right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

日本におけるドーピングテストとその実際について

日本人のビルダーがこぞって海外コンテストで戦おうとしています。
日本人のボディービルダー達がプロカードを狙うためには、基本的にユニバースで勝つしか方法があるとはおもえません。日本の団体JBBF NBBP JPCのコンテストに出るならば、基本的にはステロイドの使用は禁止されているので使うことはできません。

とはいえ、使うことができない=使わないと言うよりは「見つからない」方法を巧みに利用しているようです。
セレクトするドラッグは経口剤のアナボリックステロイド、テストステロン、成長ホルモンがメインです。

人気のあるデカデュラボリンは脂溶性で体内貯留期間が長く、使用を止めてから1年経過してもその代謝物が容易に検出されるのでドーピングテスト陽性となるのは間違いないでしょう。
体内の滞留期間が長いものはそれだけ、体内にとどまるので容易に検出されるからです。

今日のアスリート達がテストステロン、成長ホルモン、インシュリンを使うのはもはや「あたりまえ」じょうたいになっています。

成長ホルモン、インシュリンに関しては尿検査では検出できないからです。

そもそも自然体で体内に存在するテストステロンはもちろん検出できます。
しかし、合成テストステロンはテストステロン/エビテストステロンの比率を崩します。
だから、ドーピングテスの際に完全に体内から抜けており、かつホルモンバランスが正常範囲出なければなりません。

テストステロンに関して言えばプロピオネイトエステルやエステル化されていない水溶性のサスペンションがドーピングに強いテストステロンといえるでしょう。

4つのテストステロンエステルの混合剤であるサスタノン250はデカノエイトエステル「デカ」が含まれており、これは1カ月間作用するので使用は避けた方がいいでしょう。

 各ステロイドにより滞留期間が異なるのと、各人の代謝も違うのでなかなか一筋縄ではいかないのが現実です。ただし、この方法は日本では唯一JBBFが行っている、「抜き打ちテスト」には全く効果がない。

コンテスト当日ではなく、オフシーズンに不意打ちにドーピングテストがされることがあります。そのときがサイクルのしかも投薬量のピークの時期ならば、必ず「アウト」です。このようなドーピングテストでは必ず陽性になるでしょう。

アナボリックステロイドは違法?

square round プロホルモン通販サイト 


普段、私たちの頭に浮かんでくる疑問「ステロイドは違法?」ドラッグなのでしょうか?

アナポリック/アンドロゲニックステロイドの“所有”は日本では合法です。

もちろん、ステロイド所持の合法・非合法は各国によって事情が違います。

興味のある方に、、いろんな国の合法・違法事情を調べてみました。
ちなみに、合法といっても製造・売り買い・所持といったいろんなレベルがありますが、とくに顕著に差が出るのは、医者の処方箋があれば買えるかどうかが分水嶺になっているようです。

Australia - With Prescription 医者の処方箋, but usually difficult to get from a physician.
Bahamas - With/without Prescription 医者の処方箋.
Belgium - With Prescription 医者の処方箋
Costa Rica - With/without Prescription 医者の処方箋.
Dominican Republic - Without Prescription 医者の処方箋.
Egypt - Without Prescription 医者の処方箋.
England - 所持・売り買い・すべて違法.
France - With Prescription 医者の処方箋.
Germany - With医者の処方箋.
Greece - With/without Prescription 医者の処方箋.
Hong Kong - With/without Prescription 医者の処方箋.
Japan - With Prescription 医者の処方箋.
Korea - With/without Prescription 医者の処方箋.
Mexico - With/without Prescription 医者の処方箋.
Puerto Rico - With/without Prescription 医者の処方箋.
South Africa - With/without Prescription 医者の処方箋.
Sweden - 所持・売り買い・すべて違法.
Switzerland - With Prescription 医者の処方箋.
Thailand - With/without Prescription 医者の処方箋.
Turkey - no Prescription 医者の処方箋.
United States - 所持・売り買い・すべて違法.

◆ アナボリックステロイドやプロホルモンの情報先進国米国の状況 ◆
アメリカでは1990年に政府が使用・所有・売買・製造を禁じる薬物を3つのカテゴリーに分類しました。アナボリックステロイドは現在、CSA( Controlled Substances Act )という法律によりSchedule III スケジュール3 というカテゴリーの禁止薬物となりました。処方箋なしに販売すれば最高で懲役5年または、15,000ドルの罰金、または2年間の保護観察処分に該当します。この法律違反が2度目になると、懲役10年、3万ドルの罰金、4年間の保護観察処分に倍増します。

Schedule 1はヘロイン、マリファナ(大麻)、LSDなど、
Schedule 2はモルヒネ、コカイン、アヘンなどが該当します。
1と2の違いはスケジュール2の薬物は医療現場という状況でのみ使用許可されていることです。

 ステロイドが第Schedule 3として分類された理由は精神に影響を与えるからであることが一番の理由のようです。ステロイド使用による突発的な怒り(ロイドレジ)、またはうつ(ホルモンクラッシュと呼ばれる、ホルモン分泌異常)、そのほかの精神障害によりさまざまな事件が起こり、社会的に問題になったからです。

 日本では所持や使用に際しては合法ですが、日本国内での売買となると薬事法に抵触し、罰則規定が適応されます。


  right arrow      人気ブログランキング


人気ブログランキングに参加しています!

日本のボディービル団体とステロイドの関係

square round プロホルモン通販サイト 

 日本では現在JBBF、NBBF、JPCの3団体がありますがIOC認定の検査機関でドーピングテストをしているのはJBBFだけですもちろん公にはいずれも薬物使用禁止のナチュラル団体ということになっています。
他の団体海外の研究機関でテストを依頼しているようです。実際のところNBBFとJPCはドーピングテストの使用についてはうやむやになっています。

ただしJBBFにも問題があります。 というのはJBBFの前身であるJBBAにIFBBJapanの一部が合流して現在のJBBFになったという経緯があり、その親元のIFBB自体がステロイドを黙認しています。つまりJBBFはJOCに属しドーピングチェックをしていますが発足の過程でステロイド事実上OKのIFBBの血が混ざっているってことです。アナボリックステロイドを使用する場合、所属する団体がどのように対応しているかを事前に調べておく必要があります。

IFBB公認のプロの資格を得るには、日本人ではミスターユニバースでクラス優勝をするしかありません。しかし国内の選抜大会で勝利したところで、ユニバースでは全く抜きに出ることはできません。いくら階級別とはいえ、全クラスリミットぎりぎりまで薬物を使い、筋量を残しています。もはや日本人では優勝は非常に困難であり、勝てたとしても軽量級であってこれではプロになってもサイズで歯が立たない状況です。

 

  right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

BACK TO ===>> アナボリックステロイド情報メニュー

 

      最近のビルダー巨大化 ◆

ステロイドユースの創世記1980年代に遺伝子工学の発達のおかげで実用可能になった、「合成ヒト成長ホルモン」の影響も計り知れないものがあります。しかしステロイドの使用法もかなり変化しているようです。2030年前と同じ使い方をしているとしたら、今我々が目にするようなジェイカトラー Jay Cutler ロニーコールマンRonnie Colemanのような巨大なビルダーは存在しないはすでしょう。成長ホルモンも関係あるがそれだけではなく、ステロイドの使い方が従来とは違うという事も考えられます。

コンテストコンディションで90kgの体を作ることすら非常に困難であるのに、100kgといえばとんでもないサイズです。もちろん当然ナチュラルでは不可能であるのは言うまでもありません。現在プロで戦うのにスーパーヘビー級の肉体は必須です。

 

多くのプロやトップアマチュアは絶え間なくサイクルのオンとオフを繰り返しているといわざるを得ません。また同時に成長ホルモン使っていると、、。 副作用の問題はないかといえば十分あって、ここ最近のプロビルダーの巨大化にともないビルダーが短命な傾向にあるのは有名な話です。

 量にしてもテストステロンを週に3000mg摂るだとか、週に10,000必要だとも言われています。間違いなく、テストステロンは使用しているにしてもWARにもアメリカのプロレスラーはテストステロンを決して手放すことはないといった話を聞きます。 とは言っても、ステロイドのヘビーユーザー達はコンスタントにステロイドを使用していますが、短期間ではありますが、ステロイドを体内に入れない時期も設けています。

ステロイドを使い続けるビルダー達 

 

ステロイドサイクルの後は、同じぐらいのオフ=休薬期間を摂ることが必須とされています。例えば12週間の長期間のサイクルの後に、1012週間のオフを摂れば、完全に獲得した筋量、筋力をそのまま維持できるわけではありません。

 

どのくらいの割合が失われるかはケースバイケースであるので何割と明言することは非常に難しいところです。そしてこのようにオンとオフを同じ期間を繰り返す使用方法は既にアナボリックステロイドの黎明期30年前からありました。しかしここで疑問が沸きあがります。

 

30年前、いや20年前のプロビルダーと現在のプロビルダーのサイズの違いです。最高峰のミスターオリンピアの出場選手の平均体重を比較してください。またプロの資格を得ることが出来るアメリカのアマチュアコンテスト、ミスターUSAとNPCナショナルズにはここ最近に従来のヘビー級(90kg以上)よりも一段上の階級です。100kg以上のスーパーヘビー級が設けられました。

Mr.Olympia ミスターオリンピアの歴史

1965 - LARRY SCOTT

1966 - LARRY SCOTT

1967 - SERGIO OLIVA

1968 - SERGIO OLIVA

1969 - SERGIO OLIVA

1970 - ARNOLD SCHWARZENEGGER

1971 - ARNOLD SCHWARZENEGGER

1972 - ARNOLD SCHWARZENEGGER

1973 - ARNOLD SCHWARZENEGGER

1974 - ARNOLD SCHWARZENEGGER

1975 - ARNOLD SCHWARZENEGGER

1976 - FRANCO COLUMBU

1977 - FRANK ZANE

1978 - FRANK ZANE

1979 - FRANK ZANE

1980 - ARNOLD SCHWARZENEGGER

1981 - FRANCO COLUMBU

1982 - CHRIS DICKERSON

1983 - SAMIR BANNOUT

1984 - LEE HANEY

1985 - LEE HANEY

1986 - LEE HANEY

1987 - LEE HANEY

1988 - LEE HANEY

1989 - LEE HANEY

1990 - LEE HANEY

1991 - LEE HANEY

1992 - DORIAN YATES

1993 - DORIAN YATES

1994 - DORIAN YATES

1995 - DORIAN YATES

1996 - DORIAN YATES

1997 - DORIAN YATES

1998 - RON COLEMAN

1999 - RON COLEMAN

2000 - RON COLEMAN

2001 - RON COLEMAN

2002 - RON COLEMAN

2003 - RON COLEMAN

2004 - RON COLEMAN

2005 - RON COLEMAN

2006 - RON COLEMAN

2007 - JAY CUTLER

2008 - DEXTER JACKSON


誰もがジェイカトラーの連勝を想像していましたが、デキスタージャクソンが悲願のミスターオリンピアをゲットしました。

 

DEXTER 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  デキスター・ジャクソン(Dexter Jackson, 1969年12月25日 - )は、アメリカ合衆国のボディービルダー。。2008年には2年連続王者のジェイ・カトラーを破り、念願のミスター・オリンピアに輝いた。

他のボディービルダーと比較して、頭一つ飛び抜けて美しいプロポーション、完璧なシンメトリー(筋肉の左右対称性)、セパレーションの深さなどが特徴で、「文句のつけようがない/非の打ち所がない」としばしば形容される。普通ボディービルダーは、「腹筋は素晴らしいが、腿がだめだ」「筋量は素晴らしいが、絞りが足りない」などと言うように、長所短所がはっきりするのだが、デキスター・ジャクソンだけは珍しく、特に欠点のない総合的に美しい肉体を作り上げてくるボディービルダーである。あだ名は「THE BLADE」であり(彼の自動車のナンバープレートも「BLADE」)、刃のように研ぎ澄まされた肉体であるという点から付けられた。リー・プリーストのような、オフの時はぶくぶくに太るというタイプではないようである。

欠点といえるのは、小柄なことに加えて筋量の少なさである。骨格が小さく(167cm)、昨今主流のモンスター級の筋量を持つボディービルダー(ロニー・コールマン、マーカス・ルール、ジェイ・カトラー等)と比べると、迫力という点で見劣りする部分は否めず、コンテストでは、その体の美しさの割には、低い評価に甘んじてきたところがある。2004年のミスター・オリンピアでは、新たに導入されたチャレンジラウンドで躍進できなかったことにより、三位以上は狙える状態であったものの、四位となった。しかし、2005年のアーノルドクラシックで、今年こそ優勝すると思われたクリス・カミアーを打ち破って優勝し、翌年の2006年の同大会でもさらに連続して優勝するなど、近年注目度が高まりつつある。2005年のミスター・オリンピアには欠場した。

筋量とプロポーションは、お互いが背反的になりやすい。筋量を増やすと、全体的なプロポーションやシンメトリーなどが崩れやすくなる。一方で、プロポーションを維持すると、筋量的に不足する傾向がある。どちらを重視した評価を下すかは、ボディービルディング界でも意見が分かれるところである。 IFBBは、大会における審査基準を公開しており、時々変更される。近年のボディービル界では、薬物の進歩もあって昔では見られなかったような巨大な、筋量(バルク)重視の選手が多い。時折懐かしむように、プロポーション重視型の選手の良さを語られることがある。

ステロイドを使い続けるビルダー達

 
square round プロホルモン通販サイト 

ステロイドサイクルの後は、同じぐらいのオフ=休薬期間を摂ることが必須とされています。
例えば12週間の長期間のサイクルの後に、10-12週間のオフを摂れば、完全に獲得した筋量、筋力をそのまま維持できるわけではありません。

どのくらいの割合が失われるかはケースバイケースであるので何割と明言することは非常に難しいところです。そしてこのようにオンとオフを同じ期間を繰り返す使用方法は既にアナボリックステロイドの黎明期30年前からありました。

しかしここで疑問が沸きあがります。 30年前、いや20年前のプロビルダーと現在のプロビルダーのサイズの違いです。最高峰のミスターオリンピアの出場選手の平均体重を比較してください。またプロの資格を得ることが出来るアメリカのアマチュアコンテスト、ミスターUSAとNPCナショナルズにはここ最近に従来のヘビー級(90kg以上)よりも一段上の階級です。

100kg以上のスーパーヘビー級が設けられました。 コンテストコンディションで90kgの体を作ることすら非常に困難であるのに、100kgといえばとんでもないサイズです。もちろん当然ナチュラルでは不可能であるのは言うまでもありません。

現在プロで戦うのにスーパーヘビー級の肉体は必須です。  80年代に遺伝子工学の発達のおかげで実用可能になった合成ヒト成長ホルモンの影響も計り知れないものがあります。しかしステロイドの使用法もかなり変化しているようです。

20、30年前と同じ使い方なら、現在もサイズも同じはず。成長ホルモンも関係あるがそれだけではなく、ステロイドの使い方が違うという仮説が成り立つ。  結論から言えば、多くのプロやトップアマチュアはノンストップにステロイドと成長ホルモン使っていると言わざるを得ません。

一切ステロイドを使うことを止めずに数年間使い続けるというクレイジーとも思える人もいます。  副作用の問題はないかといえば十分あって、ここ最近のプロビルダーの巨大化と選手の寿命は反比例しています。現在のトッププロは50歳まで生きることができるのでしょうか?  

量にしてもテストステロンを週に3,000mg摂るだとか、週に10,000必要だとも言われています。間違いなく、テストステロンは使用しているにしてもWARにもアメリカのプロレスラーはテストステロンを決して手放すことはないといった記事を目にしたことがあります。レスラーよりも優れた体をしているビルダーも同様かそれ以上の事をしているのは想像に難くありません。  原則、コンスタントにステロイドを使用して実際はごく短いが、ステロイドを体内に入れない時期も設けています。また常にテストステロンなどを一大量には摂っているわけでなく、強弱をつけて摂取しています。


  right arrow 人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!

◆ カスケード式スタックサイクル ◆

これは長期にまたがる、、、3ヶ月以上にもなるサイクルです。
カスケード形式に投与するドラッグを変えていきます。ステロイドが変われば、攻撃するレセプターが異なるという考えに基づいて組まれるサイクルです。
下記の中で、最高のステロイドと呼ばれるパラボランは入手も困難で金額も高いので、パラボランに属するサイクルはなくしてもいいでしょう。
ちなみに、パラボランはテストステロンの5倍のアナボリック効果と、芳香化しないと言うことで理想的なステロイドと呼ばれています。また前半が非常に強力なアンドロゲンスタックなので5、6週目にClomidやHCGを5000単位摂取することが必須です。ノルパテクス、プロスカーも併用して副作用を抑えることにも最新の注意を払いましょう。

 

Week

Anadrol

Sustanon250

Dianabol

Parabolan
入手困難

Deca

1

50mg/d

 

 

 

 

2

100mg/d

 

 

 

 

3

150mg/d

250mg/w

 

 

 

4

 

500 mg/w

 

 

 

5

 

500mg/w

20mg/d

 

 

6

 

 

25mg/d

 

 

7

 

 

30mg/d

1 52mg/w

 

8

 

 

 

228mg/w

 

9

 

 

 

228mg/w

400mg/w

10

 

 

 

 

400mg/w

12

 

 

 

 

400mg/w

13

 

 

 

 

200mg/w

 

 

アナボリックステロイドは違法?

square round プロホルモン通販サイト 


◆ 入手経路
入手経路は、個人使用を前提とした海外からの輸入のみです。

 海外からの入手は近年インターネットのおかげで本当に容易になりました。簡単にサイトを見つけることができるし、中にはカードでの支払いが可能なところもあります。最近は日本人が運営しているサイトもあるので、日本語が通じる分安心ですね。

◆ 通関 ◆
通常処方箋が必要な薬物も、個人使用分=1ヶ月分のみの輸入は許可されています。しかし、大量な輸入だと税関から往復ハガキでの通達メールが来ます。書面にて輸入した薬の名前、量、目的を書いて送り返せば、後日きちんと配送されることでしょう。そんなときには、薬品名と使用日的、例えば筋量アップや体重増加、そして1カ月で使いきる量であることを明言すれば、、、後日、商品を送ってきてくれます。書面で返送すれば十分です。

 また従来からある海外に直接買い付けという手もあります。タイやメキシコもしくは、スペインでの入手が比較的可能と言われています。


  right arrow 人気ブログランキング


人気ブログランキングに参加しています!

テストステロン・サスペンションベースのスタッキング=強烈なスタック

第二次世界大戦でドイツ軍が使ったというステロイドとして知られるテストステロンサスペンションは、水溶性のテストステロンとして長い間とても有名です。水溶性で、当然即効性があり、そのアナボリック効果も非常に強いステロイドです。

油性のテストステロンやデカなどは効果が体感できるのに10日前後の時間を要するのに対し、水溶性のテストステロンサスペンションは即効性があります。これは主種のエステルにもよりますが、滞留期間の長いものほど効き始めるのが遅い(別の意味で体内に残る)ためです。

ほとんどのユーザーはこのスタッキングサイクルでは、サイクルをスタートさせて直ぐ効果を体感しています。

これも強力なアンドロゲンのスタックなので副作用が強くあらわれるのでPCTには十分気を配ってください。経口剤でアナボリック効果と同時にアンドロジェニック効果のつよいアナドロール (Anadrol) をダイアナボルに変更するスタックもありです。

 

Week

Testosterone
Suspension

dianabol

1

50mg/day

15mg/day

2

50mg/dav

20mg/day

3

100mg/dav

25mg/day

4

100mg/day

30mg/day

5

50mg/day

20mg/day

6

50mg/day

10mg/day

 

アナボリックステロイドとゴール設定

square round プロホルモン通販サイト 

このスタッキングは、ステロイドビギナー、ライトユーザーまたは、女性など悪質な男性化傾向の副作用を最小限にしたい人が好んで組むス

 ステロイドのような、効果もすごいけどそれなりの副作用を伴うドラッグを使おうとする人にはそれぞれの人で個人目的やモチベーションが高い人が多いと思います。

ステロイドや、プロホルモンは基本的に21歳以下の男性には推奨されていません。 テストステロンレベルの高い若い男性であってもデカデュラボリンやプリモボラン(注射剤)のようなアンドロジェニック作用の弱いステロイドを使うだけでも十分に効果があります。一方で副作用も出やすく取り返しのつかない事件がアメリカで多発しました。

一般的に、男性の一日のテストステロンの自然分泌量は2.5mgから11mgとされています。

◆ 例えば10~15kg純粋筋量アップしたいならば、週にテストステロンを500mg使うのが一番有効な使い方だといえるでしょう。この閾値500mg以下なら10数キロの筋肉増量を期待するのは難しいでしょう。かといって副作用も少ないかと言えば、全く逆で自分の自然分泌のテストステロンがストップしてしまうという副作用が顕著に出てしまいます。

また、テストステロンを500mg/ week以上摂っても副作用が強くでるだけであって、これでも不安ならば経口剤のダイアナボールを20~30mg 加えれば十分です。

しかし、世界的なレベル(実質米国)のプロ選手はテストステロンを週に2000~3000mg使用しているのがあたりまえで、ビルダーによっては10,000mgも使っています。最近のプロは巨大化してコンテスト用に絞りきった状態でも100kgが普通になっている恐ろしい状況です。プロ並のサイズがなければクレイジーな量を必要としません。

テストステロンの副作用を懸念して、使用を踏みとどまっている人は多くいます。副作用を押さえるノルパテクス、プロスカー、HCG、クロミッドを用いれば懸念している副作用は最小限にすることができるので、目的が10-15kgの筋量アップならテストステロンを用いるのがベストかもしれない。実際欧米のヘビーユーザーでもテストステロンの評価はすこぶる高く、アンドロジェニック作用の少ないと言われるデカデュラボリンやプリモボランは本格派のステロイドとは見なされていません。女性でステロイド使用に踏む切るひとがいても同様でしょう。
プロやヘビーユーザーでない限り、デカやプリモボランを単体または両者のスタックで使うことで安全で効果的に筋量アップを達成できます。


  right arrow      人気ブログランキングへ

人気ブログサイトランキングに参加しています。

アナボリックステステロイドビギナー、ライトユーザーまたは、女性用のスタッキング
square round プロホルモン通販サイト 

このスタッキングは、ステロイドビギナー、ライトユーザーまたは、女性など悪質な男性化傾向の副作用を最小限にしたい人が好んで組むスタッキングサイクルです。

経口剤のStanozololはアロマタイズやDHTに変換することがほとんど起こらないので、女性化乳房(英語でbitch titsというそうです!)やニキビ、脱毛などは起こる可能性はほとんど起こりません。

サイクル中に性欲が克進することもなく、精神に与える影響も少ない。
経口剤のスタノゾロールを使うので肝臓に多少のダメージを与える可能性がある。
他にはそれほど深刻な副作用あらわれる可能性は限りなくゼロに近い。

 肝心の筋力、筋量アップの効果があまりないように思えるかもしれないが、そんなこ
とはない。デカの筋力、筋量アップの効果も決して馬鹿には出来ない。

アンドロゲンとはステロイドホルモンの一種で、人間の体を、男性化させる男性ホルモンのことです。

アンドロゲンは男性の体の中の 精巣(睾丸のなか)から分泌されますが、実は男性ホルモンなのに、女性の体からも分泌されます。女性の体のアンドロゲンは芳香化されて、エストロゲン(女性 ホルモン)?に変換されます。驚くことに、男性ホルモンと女性ホルモンって分子構造が驚くほどよく似ていてこの芳香化によって容易に女性ホルモンになって しまうんです。
また、アンドロゲン(男性化ホルモン)は肝臓で不活化=壊されていまうので口から飲む形でほとんどホルモンは効きません。アンドロゲンを外部から取り込もうとするならば、筋肉注射によって直接体に中佐するのが一般的です。

◆アンドロゲンの働き
アンドロゲンは男性の生器の発達・働きを作るのを助けるのがもともとのホルモンの働きなので、そのホルモンの働きが強すぎると、、、
* 体毛の増加
* 男性型脱毛症=いわゆる禿になること
* 筋肉増強効果
* 性欲の亢進
以上のようなことが揚げられます。

だから、女性のユーザーや21歳以下の男子のステロイドはかなり制限されています。

このスタッキングサイクルは上記のようなアンドロゲニック作用の強いサイクルとは異なり、水分貯留により体内にひどく水がたまり、非筋肉による体重増加が起こることはありません。
経口剤のスタノゾロール=ウインストールの代わりに、DECAとは別のアンドロジェニック作用の少ないプリモボランの注射剤を使うのも、おすすめです。
経口剤をなくすことで肝機能に対する負担を和らげるためです。

デカとプリモボランとのスタックは最も安全なステロイドスタックといってもいいでしょう。
最後に、自身のテストステロンの製造にも深刻な影響を与えることもまずないので、HCGやClomidは必要ないかもしれませんが、お守り?のようなつもりで自然分泌のテストステロンを分泌させるのがいいでしょう。

 

Week

Deca

Stanozolol

1

100mg/week

20mg/day

2

150mg/week

20mg/day

3

150mg/week

24mg/day

4

200mg/week

28mg/day

5

200mg/week

28mg/day

6

150mg/week

24mg/day

7

100mg/week

20mg/day

8

100mg/week

20mg/day




   right arrow right arrow right arrow 人気ブログランキングへに参加しています。
 

 

Monster Caps, 60
モンスターキャプス,60 
 
combines Superdrol, MAX LMG and Halodrol-50

square round プロホルモン通販サイト 

経口、プロホルモンマーケットに新たなスター登場?

◆ まずはメーカの商品説明から(補足説明多数あり) ◆

筋肉のサイズを大きくするだけのドラッグと言うのはもう古いようです。
筋肉全体の構造を変えるのを目標とし、更に筋力やワークアウト全般のパフォーマンスをあげることが必要です。
モンスターキャップスの効果は、かなりのスピードで確実な筋肉を増強するのと、“引き締まった筋肉”と“筋量”そして水分貯留の少ない筋肉そのものを成長させます。

モンスターキャップスは3つのメインの強い効果のある成分のブレンドです。
この3成分のミックスは筋量・筋力を増強させるだけでなく、筋持久力を高めながら更に水分貯留のない正味の筋肉と余脂肪の内勤肉を作ることができます。

この筋量と筋力を当時に押し上げ、脂肪や水分貯留のないハードな筋肉を作り上げる上で、現在市場に出回るサプリメントの中で最高のモノでしょう。

** 4-chloro-17a-methyl-etioallocholan-1,4-diene-3,17-diol
これはまさしくHalo-drolの成分で、筋量・筋力を増加させつつ芳香化しないので一世を風靡したプロホルモンです。全体としては筋肉の構造全体、そして筋力・リビドー(性欲増進)をもたらします。この成分は5アルファ酵素がこの成分を代謝させるのを阻止する役割があります。従って、作り上げた筋肉の引き締まった仕上がりを実感できるでしょう。

** 13-ethyl-3-methoxy-gona-2,5(10)-diene-17-one
この成分は、プロゲステロンです。
プロゲステロンは女性ホルモンの1つで、黄体ホルモンともいいます。
排卵後の卵巣にできる黄体から分泌されます。プロゲステロンは、プロゲステロンレセプター(PgR)に結合し、細胞に作用します。多量のプロゲステロンは乳がんの増殖を抑制することが知られています。このプロゲスティンはDHTに変化する危険性は張りません。芳香化や強力な悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストロンDHTに変化するのを阻害します。

** 2a,17a-di-methyl-etiocholan-3-one,17b-olスーパードロール
アナボリックエクスリーム社のSuperdrol と同成分です。Phera-plexが一世風靡する前にとても人気のあった商品です。
この成分の特徴は筋肉同化作用と、男性化作用と、更に利尿作用です。そのため、使用していくとスピーディーに体脂肪を落としつつ筋肉増強を達成することができます。

6,7 dihydroxybergamottin (DHB)
DHBは経口剤としての効率と安全性を高めます。
DHB(ジヒドロキシベルガモッティン)は血管を拡張させ、血中の中性脂肪値と血糖値を低下させる作用があり、CYP3A4という酵素がDHBを代謝するのを押さえ、血中に成分を多く保つことができるという効果があります。

Milk Thistle
ミルクシスルは肝機能全体に効果があるとされる肝機能保護成分です。
モンスターキャップスには少量含まれています。

monster caps 60

 

 

 

 


 

 

 

 


Monster Caps 成分表

Serving Size: 2 Capsules
Servings per Container: 30
Amount per Serving
Milk Thistle 150 mg
Monster Caps Proprietary Blend 60 mg
[4-chloro-17a-methyl-etioallocholan-1,4-diene-3,17-diol]
[13-ethyl-3-methoxy-gona-2,5(10)-diene-17-one]
[2a,17a di-methyl etiocholan 3-one, 17b-ol]
[6,7 Dihydroxybergamottin]

Monster Caps 上記以外の成分
ステアリン酸マグネシュウム, ゼラチン

推奨使用量:
As 経口剤として、21歳以上の男子の利用を前提としています。
一日2カプセル。推奨量以上の量はさけてください。
4週間のサイクル、ON・OFFを推奨します。

right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

2009/02/15(日) 16:19:43プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
最強のスタックの1つです。

square round プロホルモン通販サイト

筋力、筋量を最大限にアップ望む人にお薦めです。
現在最高のアナボリックステロイドと呼び声の高いパラボランは現在入手困難です。
パラボランの代わりにデカやプリモボランを代替として使うのもいいでしょう。
強力なアンドロゲニックスタックなので副作用も完全な準備でサイクルに臨んだ方がいいでしょう。
ノルパテクス(女性乳房化対策)、プロスカー(禿対策)はもちろん、HCG/ Clomidを4週目の段階で500
0単位程摂るのがベターです。
アナドロールの代わりにダイアナボールでもそれなりに効果はあります。この2つを比較した場合、アナドロールがダイアナボールより強力なアンドログニック/アナポリック作用がある事実は否めません。

** アナドロールはレセプターの親和性が低いので、多めに摂取使用しなければならないので、肝臓へのダメージはかなり大きく、肝機能ケアーのドラッグも十分用意してください。
アロマタイズしやすく、また容易にDHTにも変換されるので、女性化乳房やニキビ、脱毛もダイアナボールより起こりやすい経口があります。テストステロンエステル(Sustanon250)とスタックした場合は一段と副作用がひどくなります。
ダイアナボールのほうがアナドロールと比較して副作用は穏やかといっても問題はないででしょう。

Week

Anadrol

Sustanon250

Parabolan

1

50mg/day

500mg/week

76mg/week

2

100mg/day

750mg/week

152mg/week

3

150mg/day

750mg/week

152mg/week

4

150mg/day

1000mg/week

228mg/week

5

100mg/day

1000mg/week

228mg/week

6

50mg/day

750mg/week

152mg/week

7

 

750mg/week

152mg/week

8

 

500mg/week

76mg/week

 

  right arrow 人気ブログランキング


人気ブログランキングに参加しています!

強力なスタッキングです。  テストステロンXデカデュラボリン

square round
プロホルモン通販サイト

これだけの量のテストステロンを摂れば副作用もかなり強力なものが現れることは覚悟しなければなりません。女性化乳房やニキどや脱毛、また確実に皐丸の機能は低下して縮小して自身のテストステロンの製造はストップするかもしれません。

ステロイドの中でも比較的マイルドでステロイドライトユーザー向けのデカデュラボリン、通称デカといわれる注射剤系のアナボリックステロイドです。注射に抵抗がある人は使いたがらないようですが、、、。

アナボリック効果はマイルドで、筋肉・筋力もつきますが、中級者以上のユーザーは体内の窒素レベルつまりアナボリックしやすい体の状態を保つベース作りのような役目でデカを使います。
芳香化による(ホルモン変容 男性ホルモン=>女性ホルモン)副作用がすくないといわれているので、エントリーユーザーに使いやすいのかもしれません。(個人差あり!!)
副作用としては、水分貯蔵がおきて体が大きくなってもサイクルが終わるとちっちゃくなるといった問題点があります。デカはアナボリック効果が身体に表れるのが遅いのですが、後半はなだらかに効くデカデュラボリン、、、といったスタックがあります。だから、アマチュアプロのビルダーがこぞって利用しています。

気をつけないといけないことはアナボリックステロイド自体男性化の作用や副作用とても顕著に出やすいと言うことです。
ライトユーザー:デカデュラポン・プリモボラン
ヘビーユーザー:エステル系のテストステロン
といった図式ができているようです。

また、エナンセートは脂溶性で、テストステロンをどう修飾するかで体内にテストステロンを長く滞留できるかが異なってきます。エナンセートは一度の注射で2週間も継続して効果をもたらすことができるようで、とても人気があります。

副作用】: テストステロンはそれだけ、男性化の傾向や筋肉同化の作用も強く、摂取した量に比例して効果も副作用も多くでます。プロの中には、一般的に一週間の量と言われている200mgを毎日注射して一週間に1000mgを越える量を投与して最大の効果を発揮しようとするビルダーが結構いるようですが、プロでもない一般的なユーザーが使うのはとても危険です。
(アメリカ情報、、、、)

ノルバデックス、プロスカーはもちろんサイクル終了時にHCG、クロミッド(性腺刺激ホルモン=ホルモン自然ホルモン分泌レベルを上げる)は必須です。
量の増減は状況に応じ調整が必要です。テストステロンの代わりにサスタノンや、またデカの代わりにプリモボランを使っても同様に効果は期待できます。

 

Week

Testosterone enathate

Deca Durabolin

1

250mg/week

200mg/week

2

500mg/week

200mg/week

3

500mg/week

300mg/week

4

750mg/week

300mg/week

5

750mg/week

300mg/week

6

500mg/week

200mg/week

7

500mg/weekj

200mg/week

8

250mg/week

200mg/week

 


  right arrow 人気ブログランキング


人気ブログランキングに参加しています!

◆ 筋力、筋量アップに適したスタック ◆
square round
プロホルモン通販サイト

スタッキングはもちろん筋肉増強=筋肉量を目的にしていますが、スタッキングの中には筋力と筋量の両方を目的にしたスタッキングもあります。

下記はその典型的なスタックの例です。
テストステロンエステル系ミックスサスタノン250をメインに、芳香化が少なくスタッキングのつなぎ的なデカ、そしてプリモボラン。そして経口剤でアンドロジェニック効果・アナボリック効果も大きいダイアナボルを使って行きます。
各ステロイドの量は各個人の状況や体質により減少ししても、4つのタイプ男の子となるステロイドを使用しているので、かなりの個人差にも対応しているといえるでしょう。
ステロイドにある程度知識・そして経験やサイクルを経験しているユーザーの使用量はテストステロンエステルを週に500mg、ナンドロロンデカノエイトを週に200mg、ダイアナボールを日に20mgとしています。
ファーストサイクルでこれだけの量を使えば筋肉量・筋力が上がることは間違いありませんが副作用もかなり強烈です。

サスタノンを(テストステロンミックス)500mg使うので5から6週間目から初期の2から3週間目と比較して睾丸の機能低下によって性欲の低下を感じるかもしれません。
性欲の低下を感じたら、迷わずHCGやClomidのような性腺刺激ホルモンを!5000単位ほど摂取を推奨します。副作用が強いのでノルパテクス、プロスカーも注意しながら摂取するようにしましょう。

 

Week

Sustanon250

DECA

Primobolan
Depot

Dianabol

1

250mg/w

200mg/w

100mg./w

15mg/d

2

500mg/w

300mg/w

200mg/w

20mg/d

3

500mg/w

300mg./w

200mg/w

25mg/d

4

500mg/w

300mg/w

200mg/w

30m/d

5

500mg/w

300mg/w

200mg/w

20mg/d

6

500mg/w

300mg/w

200mg/w

15mg/d

7

250mg/w

200mg/w

100mg/w

 

8

250mg/w

200mg/w

100mg/w

 

*注:Primobolan には
注射剤のPrimobolan Depot (methenolone enanthate)と
経口剤のPrimobolan tablet (methenolone acetate)がある。


  right arrow 人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!
サスタノン単体のサイクルの紹介

square round プロホルモン通販サイト 

テストステロンを油に溶解させて注射によって使うものをエステル系のテストステロンと呼びます。 エステル系のテストステロンの特徴は体内に滞在する期間が長く、長い間筋肉を作る指令を出し続けてくれます。

サスタノンは、異なった性質のエステル系のテストステロンをミックスすることでなんと2ヶ月も間、体内に滞留することができ、一回の注射による接種で長く効果を持続させることができるという便利な特性があります。ここで紹介するスタッキング?単体のサイクルは単純にサスタノン、1アンプル=250mgを、間隔を詰めていきながら摂取していくものです。

摂取のインターバルが狭まってくるので体内中のステロイド濃度は高くなっていきます。長、中、短のエステルの組み合わせのサスタノン自体が性質の違った、、、エステル系のテストステロンのミックスなのでこういったサイクルが有効になります。

サスタノンは、「ステロイドそのもの」をそれ自体がミックスしているので
他のスタックした組み合わせのように、またはそれ以上に副作用が出てくるケースが多いようです。

◆ 副作用について:
女性化(女性乳房化・水分貯留)や、過度の男性化などなど、、、、十分気をつけて利用したいサイクルです。

 

Day

Sustanon250

1

250mg

14

250mg

24

250mg

31

250mg

38

250mg

44

250mg

49

250mg

54

250mg



right arrow       人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!
 スタックの王道 ◆
square round プロホルモン通販サイト

スタックの代名詞といってもいいスタッキングです。経口剤と注射剤のスタッキングとしてはとてもポピュラーです。ダイアナボルの量は単体で摂るよりは少なくても効果がでやすいです。経口のダイアナボルは肝機能のダメージが大きいため、6週間で終了しています。ステロイドビギナーはデカの量を減らして(半分くらいにして)サイクルをくむのもおすすめです。デカのかわりにプリモボランを使うのもいいでしょう。

 

副作用に関して:

 このサイクルでは

芳香化対策:ノルパテクス、

ホルモン調整対策:HCG、クロミッド

肝機能対策、ミルクシルなどは、、、は必ず用意した方がいいでしょう。

デカはテストステロンエステルと比較して、アンドロゲニック作用は少ないので自身のテストステロンの製造に与える影響はそれほど深刻ではありません。しかし、経口剤は肝機能に与えるダメージが多いため、どんなに長くても68週間で止めましょう。

経口剤では、ダイナボールの代わりにアナドロールを使うのも効果的と言われています。

 

 

 

Deca

dianabol

1

200mg/week

10mg/day

2

200mg/week

15mg/day

3

250mg/week

20mg/day

4

250mg/week

25mg/day

5

250mg/week

25mg/day

6

200mg/week

10mg/day

7

200mg/week

 

8

150mg/week

 

 


  right arrow 人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!
経口剤・アナドロールのサイクル

square round プロホルモン通販サイト 

今回紹介するのは、経口剤で、ステロイドのナカでも強力なアナドロールを使ったサイクルです。紹介しているのは単体で利用する例です。紹介している使用量はあくまでも参考なので、初心者や「テストステロンレベルの高い年齢の若い人」は半分の量でスタートしてもいいでしょう。
アナドロールはダイアナボルと比較しても男性化傾向の強いステロイドにカテゴライズされるので副作用・女性化乳房や皐丸の機能低下があらわれやすいのでそれぞれノルパテクス、HCCクロミッドは必ず用意しましょう。またニキビ、脱毛対策としてプロスカーも必要です。

 

Week

Anadorol

1

50mg/day

2

100mg/day

3

150mgday

4

100mg/day

5

100mg/day

6

50mg/day


  right arrow 人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!
ダイアナボル単体のサイクル

square round プロホルモン通販サイト 

注射器に抵抗のある人、ある種の怖さを持っている人はとても多いといえます。
アナボリック・ユーザーでも、やはり経口剤からスタートしたいという人が多いようです。
そんな期待とは裏腹に、経口剤はアンドロジェニック効果が強く、肝機能を痛めるモノが多くあります。
以下に紹介するサイクルに関して、使用量や期間は個人で強弱、量を調整することは可能です。経口剤のみ典型的なサイクルはダイアナボルやアナドロールがとても有名です。単体のみで使用するシンプルなサイクルです。初心者やテストステロン値の高い若者は量を半分にしても問題はないでしょう。

ステロイドのなかでもダイアナボルは強力なステロイドに類するモノで副作用・女性化乳房や皐丸の機能低下があらわれやすいのでそれぞれノルパテクス、HCC、クロミッドは必須です。また男性化副作用ニキビ、脱毛対策としてプロスカーも用意しておくべきでしょう。

 

Week

Dianabol

1

15mg/day

2

20mg/day

3

25mg/day

4

30mg/day

5

20mg/day

6

10mg/day

 

  right arrow 人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!
スタッキングにはどんな種類が?

square round プロホルモン通販サイト 

スタック:異種のステロイドの特徴をうまくカバーしながら、より効果的な筋肉増強作用を導き出すように異種のステロイドまたは、ドラッグをミックスして使うことです。

王道の王道とも言うべきスタッキング「ダイナボールとデカ」のスタックを繰り返していたとしても、効果がなくなるわけではありません。しかし、あなたの体は次第に刺激になれ、トレーニングサイクル同様にステロイドサイクルもチェンジして刺激を変えていくのがより効果を上げる近道です。

ステロイドの組み合わせ=スタッキングは以下のような組み合わせが考えられます。

経口剤+経口剤、
経口剤+注射剤、
注射剤+注射剤

常に2種類というわけではなく、2-4種類ぐらいをスタックし、耐性効果や副作用の出にくさに応じてセレクトします。

経口剤のみのスタックはお薦めできません。やはり副作用が強くなると思えるからです。

必ずしも安全とはいえませんが、副作用は少なくするには注射剤のみのスタックが出にくいと言われています。

1.以下、経口剤の代表的なモノ
> アナドロール
> ダイナボール
> スタノゾロール
> プリモボラン
> ハロテスチン

2.以下、注射剤の代表的なモノ
> ウインストールⅤ(スタノゾロール)
> テストステロンサスペンション(水溶性)
> サスタノン(4種類のテストステロンエステル)
> テストステロンエステル
> ナンドロロン系(ナンドロロンデカノエイトが代表)
> プリモボランデポー
> トレンボロン

3.ペプチドホルモン
> IGF-1 =インスリン様成長因子
> HGH (Hum注射剤n Growth Hormone)= 成長ホルモン
> インスリン


このように経口剤、注射剤,ペプチドホルモンでリストアップされたドラッグを組み合わせることで、いろいろなスタックが考えられます。

ペプチドホルモンのみ単独で用いることはほとんどありません。
スタッキングするのが普通です。特にペプチドホルモンの中で成長ホルモンはインスリンと併用しなければ効果は薄いと信じられています。
しかし、インシュリンは単独でステロイドスタックに組み合わせても効果があります。

 スタックは経口剤、注射剤,ペプチドホルモンから一つずつセレクトというものではなく、注射剤の中で2,3種類スタックし、経口剤,ペプチドホルモンはセレクトしない場合ももちろん、あります。

 それぞれ組み合わせに「いいところ、わるいところ」があります。
例えば注射剤の中でテストステロン系同士の組み合わせはあまり効果がありません。
サスタノンをベースにしている上で他のテストステロンエステルとスタックや水溶性のテストサスペンションとのスタックは「効果あり」です。
エステルの違い、エステルの有無はありますがテストステロンには変わりがないからです。

効果、作用の異なるものを組み合わせるのがスタッキングのエッセンスです。
その意味で、経口剤の中で、アナドロールとダイアナボールのスタックは副作用が増大するだけで最強スタックには決してなりえません。

例えば3週間はアナドロール、次の3週間はダイアナボールとスイッチするほうが望ましいといえます。プリモボランデポー(注射剤)とプリモボラン(錠剤)のスタックやスタノゾロール(注射剤)とスタノゾロール(錠剤)とのスタックは意味がありません。

  right arrow 人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!
実際のマッスルビルダーはどのようにステロイドを利用しているのでしょう。

square round プロホルモン通販サイト 

ステロイドのサイクルや使用期間に関してはどのようにしているのでしょうか?
ステロイドを使う上で注意しなければならないことは、使用する薬物の量とどれだけ
の期間それを使うかが重要な問題です。

飲酒を例にとりましょう。
ジョッキ1杯のビールを飲んでのどの渇きを癒し、更に2杯、3杯とお酒の量は増えていきます。飲めば飲むほど気持ち良くなり満足するとはいえ、個人差もありますが、一定量に達すると、、、、逆に体調が悪くなり、「いい気分」どころか体調をおかしくしてしまいます。同様にステロイドも「多ければ多いほど良いという」単純な発想にはあてはめることはできません。
 
◆ いわゆるサイクル Cycle ◆
期間に関しては原則的には、使用期間と休薬期間は同じ長さにします。
それは、体内のホルモンレベルを正常値に戻すことが良いとされているからです。
ステロイドの効果があるのは最初の数週間です。その後体内のレセプターが飽和して効果がなくなります。そして、副作用のほうが顕著に発生してきます。

◆ 経口剤と注射剤 ◆
 まず経口剤のほうが、注射剤より長い期間使うのは適していないことがあげられます。
経口剤は肝臓を直接通過するため、肝機能にダメージを与えやすく長期期間の使用は
リスクが高いといえます。

接種するステロイドの種類によってかなり違いがありますが、基本的には「8週間オンで8週間オフ」が常に正しいとは限りません。現実にはノンストップで使い続けている人もいるので、あくまでもオンとオフを同じ期間取ることは原則としてください。

注射剤のデカなどは緩やかではありますが、一般的に4ヶ月間は作用が継続するようです。
テストステロンは2-3週間を過ぎれば、ネガティブフィードバックがかかり体内
のテストステロンのレベルが下がり、皐丸の機能が低下しはじめます。

このようなタイミングでHCGを取り、体から分泌されるテストステロンの製造をキープしながらサイクルを続けるという方法がよくビルダーの間でとられています。
一方、この方法は、「自身の体内の製造能力が落ちて、不足分を外部から補充しているだけで長期間の使用はほとんど意味がない」という批判される事もあります。

  right arrow 人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!
◆ 効き目の早い水溶性の注射剤と経口剤のスタック例◆

square round プロホルモン通販サイト 

これは水溶性のテストステロンサスペンションのスタック例です。

油性のステロイドは効果が体感できるようになるのに12週間はかかります。これはエステルにもよりますが、滞留期間の長いものほど効き始めるのが遅いのが理由です。このスタックは始めの1週間からもしくは、始めの一日から効果が体感できる場合があります。即効性に優れたスタックといえます。テストサスペンションもスタックのベースとしては根強い人気があるスタッキングです。

 強力なアンドロゲンのスタックなので副作用が強くあらわれるので副作用には十分何注意が必要です。ダイアナボールの代わりにアナドロールにするのも非常に効果があります。

Week

Testosterone
Suspension

dianabol

1

50mg/day

1 5mg/day

2

50mg/day

20mg/day

3

100mg/day

25mg/day

4

100mg/day

30mg/day

5

50mg/day

20mg/day

6

50mg/day

10mg/day

 

Part6

 

 


  right arrow 人気ブログラ ンキング


人気ブログランキングに参加しています!
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。