究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
何歳になっても、その年齢に応じた適切なトレーニングをすれば、筋力をアップさせることは可能です。

 ただ、「生涯最高の筋力を出したい」となった場合、ピークの年代はあります。
昔と比べると少しずつ後半にシフトしていますが、おそらく25~30歳の間ぐらいでしょう。
筋力やパワーが求められる競技で最高のパフォーマンスを発揮し、世界の舞台に立ちたいという夢のある人は、25~30歳に照準を合わせて、計画的に体をつくっていくと成功する可能性が高くなると思います。アテネオリンピックのハンマー投げで金メダルを取った室伏広治選手などは、その好例と言えるでしょう。

 筋肉を太くしたい、つまり、外見的に見栄えのする筋肉をつけたいという場合も、やはりピークは25~30歳前後になると思われます。ただし、筋肉をつくるというのは一朝一夕にはいきません。コツコツと時間をかけてプロセスを踏んでいく必要があります。

 まして全身の筋肉を作っていくとなると、様々なメニューをこなしていかなければいけません。ある程度のマニュアルはあるにせよ、人によってつきにくい筋肉もあり、計画通りに体がつくれるともかぎりません。ボディビルダーのような体を「完成」させるとなると、25~30歳では無理かもしれない。体の隅から隅まで理想的な筋肉をつけようと思ったら、そのピークは30~35歳になるでしょう。

 もちろん、25~35歳という年齢を過ぎてしまったからと言って、手遅れというわけではありません。工夫しだいで筋力・筋量をアップさせることも、それを持続することも可能です。またパワーを発揮するための技術が向上することで、パフォーマンスも高まっていくでしょう。年齢のことはあまり深く考えず、それぞれの年齢や必要性に応じたトレーニングをがんばりましょう。
スポンサーサイト
2011/07/02(土) 11:29:31筋肉百科
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。