究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
アナボリックエクトリーム社の大ヒット商品です。

2005・6年、アメリカのいろんな筋肉増強剤紹介サイトや口コミで
絶賛されていた商品です。

それまで、やはり米国ではM1-Tと呼ばれるプロホルモンが圧倒的な人気のようでしたが
同じアナボリックエクトリーム社のスーパードロールとこのフェラプレックスが
M1-Tをしのぐ人気を誇っています。

M1-Tとは1-Tというとてもパワフルなテストステロンにメチル基をつけたモノですが
4位に2重結合しているアナボリックステロイドや、このM1-Tとも異なった化学構造で、
成分は「2-イン(2-ene)」と呼ばれるもので2位に2重結合を持つステロイドです。

化学式は「17a-methyl-17b-hydroxy-5a-androst-2-ene」となります。

スーパードロルはハリがあって、絞った筋肉ができるのに対して、ペラプレックスを使うと
M1-Tの効果と似てマス=バルクアップしやすい、、、

との口コミが多くありました。==>あくまでアメリカ複数サイトの意見です。

いずれにしても、今までのプロホルモンやプロステロイドの中でベストの呼び声があり
その反面、副作用がとても柔らです。
しかし、3週間以上の使用には要注意で、肝機能の問題や筋肉の痙攣等の
副作用が報告されています。

商品自体は製造中止になっていますが、製造中止以前に在庫されている
商品が流通しています。

だんだん実勢価格は、希少性と比例して高くなっていますが
まだまだ、卸屋は通販サイトでは手に入ります。
スポンサーサイト
2008/09/13(土) 09:51:29プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。