究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
M1-T プロホルモン


icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓

M1Tはとても有名ですが、ドロール系のハイテク系のドラッグがでたり、フェラプレックスのような副作用のすくないプロホルモンが出てきた現在、古い感じがしますが未だにM1Tのファンは多いようです。
2008年、米国系のサイトで入手不可能になってから欧州系の通販サイトで購入可能でしたが2009年等々市場から姿を消してしまいました。今となっては幻の超強力プロホルモンですね。


M1T_PCN

PCN M1Tの成分

M1T 17a-Methyl-1-Androstene-17b-ol-3one
3-beta-hydroxyetioallocholan-5-ene-17-one

M1-T methyl-1-testosteroneで初めていわゆる本格派の筋肉増強剤パワーを感じたマッスルビルダーは多いと思います。先に副作用の話題をすると、最近の流行と比べると肝機能へのダメージが特にきついようで2週間から4週間目からはかなり倦怠感や尿の色の変化などの肝機能定価の兆候が現れます。

また、アメリカで報告されているのは他のプロホルモンと比べてもテストステロンの自然分泌が完全に止まってしまうのでPCT=ポストサイクルトリートメント、サイクル後の自然回復の薬が不可欠です。

M1Tは短期的にテストステロンレベルを押し上げ、特に30代後半ぐらいのテストステロンレベルの落ちてきた成人男性で筋肉増加が著しくあります。もちろん、プロホルモンの特徴でアロマタイゼイション=芳香化
ホルモンが男性ホルモンから女性ホルモンに変化して男性的になるはずが女性的になること、、、おっぱいが膨らんだり、体が水分を蓄えやすくなったりすることが、、、ほとんど起こりません。
もちろんこの特徴はM1Tに限ったことではありませんが、、、


icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓
スポンサーサイト
2008/07/01(火) 00:16:11プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。