究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]

筋肉増強剤 プロホルモンとトレーニング

プロホルモンをとってから、いよいよでかくするための筋肉トレーニングトレーニング

基本的にプロホルモンを使用する人は、、、21歳以上であること(男性が前提です。)
20歳前だと、、、ホルモンバランスを崩していろんな副作用や成長に関する問題がおきやすくなります。

また、20代でも基本的には男性ホルモンのレベルは30代や特に40代と比べるとその
血中レベルは高く、30代以降に筋肉が伸び悩む時期までその仕様は控えたほうがいいかもしれません。

もちろん、プロホルモンの考えたことがある時点で、副作用や
言い尽くせない危険性はあるにしてもそれなりの覚悟や
ケアーが必要なわけですから、、、

いずれにしても、20代でホルモン系を使うとかなりアンドロジェニック系の
副作用が出やすく、ロイドレイジと呼ばれる攻撃性やリビドーのたかまり、、、、
簡単に言うと、、、とにかく「セックスしたくなる」=野獣のようになる
といった問題が起こります。

実際、米国でステロイドやプロホルモンプロステロイドが禁止される背景にはこういった
犯罪や攻撃性、またレイプといったことと結びつきやすくなるからでしょう。

話をもどすと、、、ウェートトレーニングを5年10年と続けていくと
プラトーと呼ばれる、、、、筋肉がウェートトレーニングからの刺激になれて
レセプターに対して鈍感になる、、、つまり
がんばってもなかなか以前のように筋肉がつかない時期がやってきます。

そういったトレーニングや筋肉成長の停滞時期にプロホルモンや、
今まで使ったことのないドラッグは効果が出ます。


では、プロホルモン時期のトレーニングはどうしたほうがいいのでしょう。
プロホルモンは肝機能や、そのほかの副作用を危険性を考えて
4週間、長くても6週間がベストです。

実際多くの人は、3週間もすると、、、(かなりこの時期頻繁に
ジムに通うようになりますので、、、)3週間あたりからかなりの倦怠感を感じるようになります。

プロホルモンの摂取もアナボリックステロイドと同じで山なりな摂取の仕方が望ましいでしょう。




1週目 DAY One two 1個
1週目 DAY three four 2個
2週目 DAYOne Two 2個
2週目 DAY three four 3個 or Stack
3週目 DAYOne Two 3個 or Stack
3週目 DAY three four 2個
4週目 DAYOne Two 2個
4週目 DAY three four 1個

こういった感じでだんだんに対中のホルモンレベルを上げることが望ましいでしょう。
また、サイクルの最後にはPCTで、天然のホルモン分泌を
促すようなクロミッドのようなくすり、、、(ステロイドではとても
一般的ですが、プロホルモンで推奨しているメーカーは
ないようですが、プロホルモンでも睾丸の萎縮などは起こりますので
必要となります。


さて、トレーニングですが、一週目は特にいつもと変わったメニューは
必要ないと思いますが、3日目、4日くらいには
明らかにいつもより思いウェートがあがるようになってきます。

たとえばベンチを100kgあげていた人、、
多くの人で90kg、100kg、120kgくらいでプラトーが訪れ、
そこからのレベルアップに苦しんでいる、ホビーマッスルビルダーが多いようです。

そういった場合、100kgが120kgまた、幅の多い人手150kgくらいまで
サイクルの終わりにはあがるようになってきます。

それは、もちろんステロイドレベルが上がることで
瞬発力や、筋肉自体に上がることもありますが
メンタル的に攻撃的になっり、また筋肉の疲れからのリカバリー
が管理早くなります。これもオンサイクル時にウェートがアップする理由になります。

そこで気をつけなければいけないのは、腱やジョイント、また骨
といった筋肉増強とはあまり関係ない部分です。

ウェートがあがるからといって普段100kgしかできない人がいきなり150kgあげると
肩やひじ、手首を痛めてしまいます。
普段よりもレップ短く、短期に思いウェートをトライして、サイクルの
最後まで思う存分マッスルアップする手法をお勧めします。

もちろん、個人差が多くあり、、、、というより個人によってまったく違ってくるので
ノンストップでしり上がりにウェートをあげていく人もいれば
すぐに倦怠感が来て、ウェートをあげるというよりは
ジムに通えないくらい、筋肉、体が疲労する人も多いようです。

サイクル中といっても、やはり、、、身体をでかくするための3大法則

1.栄養
2.トレーニング
3.休息

これは必要です。


icon プロホルモン通販サイト icon
最新商品紹介 プロホルモンなど筋肉増強剤はこちら↓

◆ プロホルモンメニューへ戻る arrow

筋肉増強剤★究極.com へ戻る arrow

スポンサーサイト
2008/12/26(金) 09:53:06プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。