FC2ブログ

究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
役目を終えた筋細胞はどうなる?

年齢とともに筋繊維の数が減っていくということは、すなわち筋繊維が死んでいくこと。ただ、筋繊維の発生と同じく、役割を終えた筋繊維がどんなふうに死んでいくかは、まだはっきりと解明されていません。
 現在の有力な説は、「アポトーシス」という細胞の死に方です。これは 「プログラム細胞死」とも呼ばれていて、古くなった筋繊維が自ら命を絶つことです。傷んだ細胞をそのまま持っていて病気の原因になることもあり、体にとってはかえって不利な状態になる。

 そこで「自分は足手まといだ」と判断した細胞が積極的に"自殺"をすることで、健康な体が維持される。細胞にはこのような自殺プログラムがあらかじめ備わっていて、加齢とともに神経や筋肉が減っていくと考えられています。

 ちなみに、このアポトーシスは遅筋繊維より速筋繊維の方が激しく起こるようです。加齢にともなって数が減っていくのも、速筋繊維の方が圧倒的に先です。また、細胞が死んでいく過程には 「ネクローシス」という現象もあります。これは筋繊維の激しい損傷によって、アポトーシスが起こる前に細胞が死んでしまうこと。

 たとえば、筋繊維の膜が破れてしまうと、普段細胞の車に存在しないナトリウムやカルシウムが外からどっと入ってきます。そうなると'タンパク質の分解酵素が活性化してしまい、たちまちのうちに細胞が溶けてしまうのです。アポトーシスが能動的な細胞死とすれば、ネクローシスは受動的な細胞死と言えるでしょう。

 では一つ一つの細胞の寿命はどのくらいなのでしょうか。組織細胞の寿命は、二つのタイプに分かれます。皮膚の細胞や腸の上皮細胞、肝臓や造血組織の細胞は、古いものがどんどん死んでいって'その上に新しい細胞がつくられるので「再生系組織細胞」と呼ばれます。一方、筋肉、神経へ心臓などは「非再生系組織細胞」と言って、基本的には再生しないタイプです。

 つまり、私たちが生まれてから死ぬまでへ ずっと同じ筋線経が保たれているのです。それだけに筋繊維はひじょうに粘り強い構造をしている。一つの細胞にたくさんの核があり、多少傷ついても部分的な修復で治してしまいます。とはいえ、生まれた時から1生つきあっていく筋細胞は'いわば家族のようなものCその役目を終えるまでへ 大事にしてあげてください。

プロホルモン Halo-mass  P-Plex    筋肉増強剤
スポンサーサイト
2010/01/04(月) 00:04:56筋肉百科
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。