FC2ブログ

究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
 欧米の大柄な人たちが1日で摂取するタンパク質は体重の2倍×グラムが理想とされています。
これはアスリートが激しい運動をしつつ、1日あたりに消化吸収して自分の身にすることができるタンパク質の量でも 日本人の場合は-・5倍×gとも言われています。
 仮に70の人が1日140gを摂取してへ そのすべてが新しい筋肉になったとします。
すると、10日で1.4kg、1カ月で約4kg、1年間では48kgというのが上限値になります。ただし、これはあくまで理論上の上限値で、摂取したタンパク質のすべてが筋肉になることはありえません。実際はせいぜいこの二分のEか三分の一ぐらいだと思います。

 じつは、この間題に近い実験を私たちもすでに行なっています。あまり運動をしていない人が'3ケ月のトレーニングでどのくらい筋肉が増えるかを、特定の筋肉に絞って調べてみました。その結果 年齢性別を問わず20%ぐらい筋肉量を増やせることがわかりました。70kgの男性の場合へ体重の約40%=約25kgの筋肉量があったとするとへ 3カ月でその20%=5kg:ぐらい筋肉量が増える。ということは、1年間で20kg増えることになりますね。

ただこの数値も、トレーニングの経験のない人が、100%完壁な栄養を摂って、完壁なトレーニングをしたら起こる可能性があるというだけで、あくまで実験上の上限値にすぎません。

 私のボディビルダ-時代の経験で言うと、トレーニングを始めて2年目から3年目にかけてへ 1年間で20kgぐらい体重が増えました。もちろん脂肪の量も増えていますからへ 純粋な筋肉量としては15kgぐらいかもしれません。

ちなみに、この時期はベンチプレスの数値も120kgから170kgまで伸びました。筋力発揮の上限値についてはきちんとしたデータはありませんが'本人がもともと持っている筋力の2倍というのが'ほぼ上限だろうと言われています。

スポンサーサイト
2010/05/30(日) 23:09:27筋肉百科
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。