究極的筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンナビ

究極の筋肉増強剤サプリメント★プロホルモンの口コミ、比較、個人輸入の比較、通販サイトの紹介、個人的体験などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]

HCG( Human Chorionic Gnadotropin )エイチシージー

square round プロホルモン通販サイト  

これはヒト胎盤性・性腺刺激ホルモンです。

これは医療現場では排卵誘発剤として女性に用いられ、妊婦の尿の中にこのホルモンが存在しています。形態は白いパウダー状のホルモンを凍結乾燥させたHCGと、無菌の蒸留水のアンプルに分かれています。使用の前に2つを混ぜたらすぐに活性化する。活性化した後は2-8℃の低温で保存する必要がある。注射方法は皮下注射でOKです。

 作用はクロミッド同様に、睾丸の機能回復に使用する。クロミッドよりはHCGがよりスピーディーに効果が現れるのでクロミッドより人気があります。

 HCGは体内のテストステロンレベルを上げるのと同時に、エストロゲンレベルも上げてしまいます。ただし章丸の機能が低下している場合はエストロゲンの上昇は起こりづらいため畢丸の機能が正常な人が使用すると、エストロゲンの上昇により水や脂肪がたまりやすくなるというマイナス面があります。

 副作用としては頻繁に多用すると睾丸の反応が非常に鈍くなります。つまり投与しても睾丸がテストステロンを製造しなくなるのです。

 一般的に4 0歳を超えるとテストステロンレベルが急激に低下するといわれています。

ストレスや運動不足も原因で睾丸の機能が低下しますが、体内では必死にテストステロンの製造を促すようにHCGレベルが上昇していきます。

テストレベルとHCGのレベルは反比例の関係にあります。どんどんHCGのレベルは上がりますが、逆に益々睾丸では反応が鈍くなりテストステロンレベルが低下していきます。

急激に低下した場合、うつや無気力になります。男性の更年期障害と同じ状況です。

最近中高年の自殺者の増加はリストラなどのストレスが急激にテストレベルを下げたことがかなり影響されていると思われます。治療には抗うつ剤や男性ホルモンの補充が有効であると思われます。ただし正常な男性の一日に製造するテストステロンの量は2.5から111mgと約4倍も開きがあるので非常に個人差が大変大きいのです。 40, 50歳でも不運な20歳よりテストテトロンレベルが高いこともあります。

 ステロイドユーザーが使用する量は2000-5000単位を1週間に一度、 2-3週間連続使用するのが普通です。4週間以上連続して使用すると睾丸の反応が鈍くなるので注意が必要です。使用のタイミングは強いアンドロゲニック作用のサイクルの終了時、またはサイクル中に使用します。目安は4-6週間に一度5 0 0 0単位程使い自身のテストステロンの製造をキープしなければなりません。

 

使用量 2000-5000単位/(2-3週間連続が上限)


right arrow      人気ブログランキングへに参加しています。

 

 

スポンサーサイト
2008/06/07(土) 22:45:31プロホルモン
Trackback [x] |Comment [x]
厳選!筋トレ法
アナボリックステロイド紹介
筋肉増強★メニュー
月別アーカイブ
審査基準って厳しそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。